カトリの日記

日々の雑感とともに、主にカトリック教会について書いてるブログ。

・日々の雑感とともに、主にカトリック教会について書いてるブログ。
・キリシタンの時代から現代までの「カトリックの日本人」や「伝統的典礼」「教会建築」「教会音楽」 「宗教美術」など興味関心はいろいろ。
・現在の日本のカトリック教会は「伝統の断絶」「偏った政治指向」があると感じています。
・特別形式ミサ(伝統様式のラテン語ミサ/トリエント・ミサ)の実施に参加しており、不定期な開催の場合は、その告知を行います。

カテゴリ:人間を考える > 家族について

最近、書店に行くのが、少し億劫になっている。
ネットのおかげで、ちょっと知りたいという程度の情報や知識ならば、検索によって余分な手間をかけずダイレクトに手に入るいうこともある。
あるいは、書店というところが、店舗の大型化によって置いてある本がかなり増えていて、選べる自由もあるけれども、選べることでの負担が増えている感じがすることも原因かもしれない。

目的の本を探すのは大変だし、関連する本も多過ぎてなかなか選べない。

書店という場所が、徐々に私のキャパシティを超えた場所になってきている感じがするので、あまり目的を決めず、時間も割かないようになってきた。

しかしそれでもチラッと視線に止まり何気なく手にとる一冊はあり、そういう本は、もう自分で選んだという気がしない。
神様が出合わせてくれたような感じに思えるのかもしれない。

先週の日曜日にもそういう出合いがあって、ヤマト運輸の経営者として、宅急便というサービスを生み出した小倉昌男さんの評伝である「祈りと経営」という本を買った。
祈りと経営 
どちらかというとビジネス書に分類され、前半はヤマト運輸や福祉財団についての話が主となるが、小倉昌男という人の実像を明らかにしていくなかで、次第に小倉家の「家族」の話に舞台が移っていく。
その展開に引き込まれて、2日で読んでしまった。

ノンフィクションでありながら、ミステリアスな展開ゆえにドラマティクな「物語」になっている。

小倉昌男さんの人生は、ビジネスの世界における優れた経営者としての成功と評価実績とは裏腹に、家庭においては大変重い苦悩を背負っていた人生でもあったことを知った。

その苦悩に真正面から向かい合ったという事に対して、優れた経営者としての姿以上に、その誠実な姿勢に大変な尊敬を覚えた。

権力が嫌いで、企業経営でも福祉財団でも常に弱い立場の側に立って事業を進めている。

小倉さんはカトリックで、福祉財団への巨額の寄付は、弱者に目線を向けるキリスト教の影響が、実践のための動機になったように思う。
もともとキリスト教の別会派ではあったようだが、奥さんの影響を受け転会されている。

ネットサーフィンで、いろいろなブックレビューを読んだが、この本は読後の印象の大きさを伝える投稿が多い。
しかし様々な受け止め方がされていて、小倉さんの苦悩の重さに対し「仕事では成功しても家庭では失敗」いう表現をする人もある。
小倉さんの家庭における苦しみに対し、あたかもその苦しみを取り除くことができるものであるかのように「失敗」という表現をしてしまうのはどうなのだろうか。

なかなか受け止めることができないことだけれども、人生に於いては、何の落度がなくても取り除くことができない苦悩や苦しみを背負わなければならない場合がある。

聖書における旧約聖書のヨブ記や、私のあとに従おうと思うなら、自分を捨て、日々自分の十字架を背負って従え」(ルカ9:23)というキリストの御言葉を、おそらく小倉さんもまた、思い浮かべることが少なくなかっただろう。

そういった苦しみに、どう向き合うかで生き方も変わるし、人生もまた変わるものであるということを、小倉さんはご自身の生き方を通じて多くの人に教えてくれているようにも感じた。 

重い内容だけども、一気に読み終えることができたのは、著者である森健さんの、ストーリーとしてまとめる構想力や文筆力の巧みさがあるが、当事者の家族の証言を載せる取材力も凄いと思った。

苦しんだ当事者が心を許してインタビューを受けるほどの信頼感が生まれた背景には、森さんのジャーナリストとしての姿勢に、誠実さを感じるところがあったのだろう。

登場人物(証言者)が多く、人物を錯綜してしまうところがあったが、強い印象を残す本だった。

著者の森さんは「世を見回せば、似たような境遇の人はいくらでもいるはずだ」とあとがきでふれている。
小倉さんの苦悩は、現代に生きる多くの家族と共通する苦しみなのかもしれない。

小学館ノンフィクション大賞を受賞している。
賞の歴史上初めて選考委員全員が満点をつけて受賞したらしい。

私もこの本は、多くの人にお薦めしたい。

重度の自閉症の診断を受けた東田直樹さんの本を読んでいる。

会話が出来ない東田さんは、子供の頃にお母さんの工夫による文字盤ポインティングという方法でコミュニケーションが出来るようになり、パソコンを使うことで自分の気持ちを表現する「作家」となった。

絵の才能を認められる人はいても、東田さんのように自閉症で文筆活動を行える人は少ないらしい。

自閉症に対し、特性を端的に表現するために「人の気持ちがわからない」という表現をする場合がある。

自閉症者は、まるで「愛がわからない、感情がない、心がない」とでも言いたげな、この突き放すような酷い言葉を、一般の素人だけではなく、専門機関、医療関係者でさえ使ってきた。

この鈍感で心ない言葉によって、どれだけ多くの誤解を生み、自閉症者やその家族が傷つけられてきたかは想像するに難くない。

東田さんの本は、自閉症という症状を持つ人たちの苦労や気持ちを代弁する本になっているが、それだけではなく詩的な表現の文章力にも引き込まれる。

東田さんの「跳びはねる思考」という自分の気持ちを綴ったエッセイに次の言葉がある。

「僕の気持ちをほんの一部でもわかってくれたら、嬉しくなります。人は話をする時、相手に対して言葉以上のものを受け取ってほしいと、常に願っているのではないでしょうか?

そのために思いが伝わっていないと感じたとたん、心に不満や葛藤が生まれます。
気持ちが十分伝わったと思えたなら、ひと言だけでも満足するはずです。

母は僕が泣くと『つらかったね』『悲しかったね』と言って、よしよししながら抱きしめてくれました。父や姉から、泣くなと注意されたこともありません。母の腕の中で泣きたいだけ泣くことができたのは、本当に幸せでした。

僕の望みは、気持ちを代弁してくれる言葉かけと、人としての触れ合いだったと思います。
どんな自分も受け止めてもらえるという体験ができたからこそ、僕は壊れずに生きてこられたのでしょう」


自閉症の特性は「人の気持ちがわからない」ではなく「コミューケーションがうまくできない」と表現するべきで、コミュニケーションの努力をすべきなのは健常者のほうなのである。


東田さんの存在が、世の中に広く知られるようになったのは、2014年放映のNHKの「君が僕の息子に教えてくれたこと」というドキュメンタリー番組らしいが、なんと東田さんは10年ぐらい前から本を書いている。

12歳の時に書かれた「この地球(ほし)にすんでる僕の仲間たちへ」という本のまえがきには、次の言葉がある。

この本を出そうと思ったきっかけは、僕と同じような障害を持っている子供の気持ちを、少しでもみんなに分かって欲しかったからです。

僕たちはいつも困っていてひとりぼっちなのです。
僕たちを笑わないでください。
僕たちをのけ者にしないでください。
僕たちを助けてください。

この本を読んで僕たちの仲間になってくれたら、僕はとてもうれしいです。
この地球にすんでいる僕の仲間たちへ。
たとえ今がつらくても、生きることをあきらめないでください。
みんなが僕らの仲間になってくれたら、僕らだってこの世界の中で生きていけます。

みんなが分かってくれるように、僕が頑張ります。


「跳びはねる思考」の中のインタビューに

「必要とされることが人にとっての幸せだと考えています。そのために人は人の役に立ちたいのです」


という言葉があったが、12歳の時の決意の延長に今の東田さんの姿があるということがわかった。

電車の中で読んでしまって、不覚にも涙目全開になってしまった・・・

価値観についての統計だと思うが「あなたの一番大切なものは何ですか?」という質問をされる意識調査がある。

統計数理研究所という研究機関が行っているようで、この調査は内閣府の資料でも引用されている。

直近の2013年の調査結果では
家族」      42% 
「愛情、精神」           18%
「生命、健康、自分」18% 
「子ども」       7%
「お金、財産」             4%

となっている。

「子ども」というのも「家族」だから、「家族(子供含む)」で、49%となりほぼ半数。
単身世帯が増え、晩婚化も言われているのに、統計的には逆にダントツの1位というのは興味深い。

この選択肢の場合、「時間」というのはどこに入るのだろうか?
何番目なのかはちょっとわからない。

「自由」とか「信仰」という回答ならば、「愛情、精神」にまとめられているのかもしれない。

この質問。私はどう答えるだろう?

20代の頃のならば「自由」と答えたかもしれないし、今でも「時間」がとても大切という感じはある。

しかし現在の私が一番目に選ぶものならば、やはり多くの人と同じく「家族」という回答をあまり迷わずに選択する感じがする。


家族という集まりは、親子も夫婦も因縁、縁起によって出会った絆のもとで共に生きている。

そしてまた意味深いのは、夫婦や養子のように、たとえ血縁関係が無くても「家族」という関係は存在する。

話が前々回に戻ってしまうが、結局のところマルティン・ブーバーの「<われーなんじ>の〈関係性〉の世界」「<われーそれ> の〈もの〉の世界」の話を当てはめるならば、家族というのは、一番実感し易い「<われーなんじ>の世界」ということなのではなかろうか?

スパッと別れずに混沌と入り混じっているような感じがすることが多いこの「二つの世界」説だが、「家族」の関わりというのは 、もう〈関係性〉のかたまりで、関わらないことができない世界 なのである。

一番大切なものだから
関わらないことができないのか、関わらないことができない世界 だから 一番大切なのかはよくわからない。

そういう存在だから家族についての悩みごとというのは、ひときわ辛い。


公教会祈祷文では家族の祈りとして「父母のためにする祈り」「子女(こども)のためにする祈り」「聖家族に対しておのが家族のためにする祈り」がある。

「子女(こども)のためにする祈り」は次の内容になる。

「天にましますわれらの父よ。われは主の御恵み(おんめぐみ)によりて賜りたるこの子女(こども)を、謹みて主の御保護のもとに託せ(まかせ)奉る。願わくは御(おん)みずからかれらの父となり給え。われらの愛子(あいし)が世の腐敗に勝ち、内外の悪しきいざないを防がんために、御慈悲をもって、かれらを強め、悪魔の謀計より救い給え。なおその心に聖寵を注ぎ、聖霊の賜物を与え給いて、イエズス・キリストを認め愛せしめ、日々御旨(みむね)に適わしめ、この世においては、熱心に主に仕え、後の世においては、主の御前(みまえ)に喜ぶを得しめ給わんことを、われらの主イエズス・キリストによりて願い奉る。アーメン」


抜粋は望ましくないのかもしれないが、

天にましますわれらの父よ。われは主の御恵み(おんめぐみ)によりて賜りたるこの子女(こども)を、 謹みて主の御保護のもとに託せ(まかせ)奉る。願わくは御(おん)みずからかれらの父となり給え。

というここの部分は、祈祷書がなくてもいつでもどこでも祈れるように、記憶し覚えておきたいと思った。



↑このページのトップヘ