カトリの日記

・日々の雑感とともに、主にカトリック教会について書いているブログ。

・日々の雑感とともに、主にカトリック教会について書いているブログです。
・キリシタンの時代から現代までの「カトリックの日本人」や「伝統的典礼」「教会建築」「教会音楽」 「宗教美術」など興味関心はいろいろ。
・現在の日本のカトリック教会は「伝統の断絶」「偏った政治指向」があると感じています。
・特別形式ミサ(伝統様式のラテン語ミサ/トリエント・ミサ)の実施に参加しており、不定期な開催の場合は、その告知を行います。

カテゴリ: カトリック教会(小教区)の選び方

用事があって熊本に行ってきた。

熊本市は、もう人口が80万人ほどの規模となっていて、政令指定都市になっているらしい。
九州では、北九州市、福岡市に続いて三番目だそうで、熊本は、九州で3番目の規模の大都会ということになる。

九州の都市は、新幹線に沿って発展している感じがする。
人口の多さが、街の活力とイコールではないかもしれないが、やはり文化的に東京の存在感に飲み込まれないためには、そこそこの人口はあったほうがいいのかもしれない。

その熊本市の中心部に手取教会がある。






















場所は、道路を挟んだ正面に老舗の鶴屋百貨店があり、上通りと下通りの大アケードの繋ぎ目のあたりなので、熊本の繁華街のど真ん中と言ってもいい。

その中心部に、ちょっと周辺の賑やかさとは対照的な、素晴らしい佇まいの伝統様式の聖堂がある。

長崎や五島にあるような聖堂にも匹敵するしつらえだと思ったら、鉄川与助さんによる設計施工だった。

そういうこともあって聖堂の中も素晴らしい。

























祭壇の存在感が凄いが、内装全体が祭壇に合ったしつらえで、バランスの整った良さがあった。

この佇まいの聖堂で主日ミサに与かったが、そういう経験を得られたということに、とても感激している。

主日だけでなく平日も毎日ミサがあるようだ。

私の与ったミサも参列者が多かったし、案内をみたらグレゴリオ聖歌のサークルもあるようなので、信徒数も多いのだろう。

聖堂だけでなく、入り口に売店があり、社会との接点になっている。
(外観を見ただけだったが)信徒館司祭館も新しくてきれいな建物だった。

関西や東京の教会もそこそこ知ってるつもりだったか、あらゆる面で、手取教会の魅力は突出している。

80万人都市の中心部にある拠点教会として、とても魅力的な教会で、定年後にフリーになったらこんな街に移り住んでこの教会に通いたいと妄想してしまった。

日本の地方には、関西や東京を超える良い教会がある。


話を聖堂のしつらえに戻してしまうが、この手取教会の聖堂は、特別形式ミサ(トリエント・ミサ)を想定した場合、奥の祭壇が一段高くなっているのがとてもいい。

この聖堂で、特別形式ミサができる日が来ることを願いたいと思う。

印象に残って書き留めているリタニアがある。

「償いの連祷」という連祷で、公教会祈祷文には載っていない。

某信心会のベネディクションで教えていただいた祈りである。

【先唱】                  【答唱】
御聖体へのすべての涜聖の罪ゆえに      主よ我らを赦し給え
大罪をもってなされる聖体拝領ゆえに     主よ我らを赦し給え

御聖体への不敬ゆえに            主よ我らを赦し給え          
教会内における非礼な態度ゆえに      
 主よ我らを赦し給え
聖櫃への侮辱と軽蔑ゆえに         
 主よ我らを赦し給え
聖なる事柄への軽蔑ゆえに         
 主よ我らを赦し給え
教会の遺棄ゆえに             
 主よ我らを赦し給え
不道徳の罪ゆえに             
 主よ我らを赦し給え
神を信じない霊魂ゆえに         
  主よ我らを赦し給え
あなたの聖なる御名に対する軽蔑ゆえに   
 主よ我らを赦し給え
あなたの愛に対する無関心ゆえに       
主よ我らを赦し給え
教皇に対する不敬ゆえに          
 主よ我らを赦し給え
司教、司祭方に対する不敬ゆえに      
 主よ我らを赦し給え
聖マリアの御名に対する侮辱ゆえに     
 主よ我らを赦し給え
聖マリアの汚れなき御宿りに対する軽蔑ゆえに 
主よ我らを赦し給え
聖マリアの崇敬の放棄ゆえに         
主よ我らを赦し給え
聖マリアの御絵、御像などに対する軽蔑ゆえに 
主よ我らを赦し給え
ロザリオの祈りの放棄ゆえに         
主よ我らを赦し給え
聖マリアの母性的愛に対する無関心ゆえに   主よ我らを赦し給え

胸に手を当てれば思い当たる節があって、皆で共に唱えるときに、心臓の鼓動が激しくなってしまうような濃密さがある。

それほど古典的な祈りではないと思うが、文章として、フニャフニャせずシャキッとしていてテンポがとても良い。
やはり答唱の「主よ、我らを赦し給え」が文語で、祈りを引き締めていることもあるかもしれない。

私の小教区では連祷があるのは、せいぜい洗礼式のときの「諸聖人の連願」(それも口語)ぐらいで、こういうシャキッとした濃密な連祷を、皆で一緒に唱えるなど考えられない。


コメンテーターの抵抗キリシタンさんの小教区の転出があり、このところ私なりの「教会の選びかたのポイント」のようなことを、いろいろ考えていたのだが「中規模の教会を避け、小さいか大きいかどちらかの教会を選ぶ。」という事があるのではないかと思った。

仮に、上記の「償いの連祷」を、小教区で呼びかけてみるとする。

小さい教会は規模のサイズ的に話合いに適するし、逆に大教会ならば、その大きな共同体のなかでの同好の士で集える可能性があるが、中規模教会は、話し合うにも中途半端なのである。

コミュニケーションによる意思統一が図れるのは、せいぜい10人ぐらいの少人数であろう。

拙ブログをお読みいただいている方は、カトリック信者の方が中心だとは思うが、もしかしたら、教会の門をくぐってみようかどうしようかと思っている求道中の方もおられるかもしれない。

私なりの「教会の選びかた」のポイントだが、ご参考になれば幸いである。 

↑このページのトップヘ