カトリの日記

・日々の雑感とともに、主にカトリック教会について書いているブログ。

・日々の雑感とともに、主にカトリック教会について書いているブログです。
・キリシタンの時代から現代までの「カトリックの日本人」や「伝統的典礼」「教会建築」「教会音楽」 「宗教美術」など興味関心はいろいろ。
・現在の日本のカトリック教会は「伝統の断絶」「偏った政治指向」があると感じています。
・特別形式ミサ(伝統様式のラテン語ミサ/トリエント・ミサ)の実施に参加しており、不定期な開催の場合は、その告知を行います。

カテゴリ: カトリックの教え、信心について

来住神父の「目からウロコ」シリーズを気に入って読み続けている。
このシリーズが良いのは、どうしたら良いのかということが具体的に書かれているところで、信仰生活をおくるうえで実践的な内容になっているところがいい。

例えば「目からウロコ  聖書の読み方」という本は、「レクチオ・ディヴィナ入門」という副題がついていて、「レクチオ・ディヴィナという聖書の読み方」がひとつの手法として説明されている。

このレクチオ・ディヴィナという聖書の読み方は、ひとつひとつの単語を「触る」ようにゆっくりと反芻するように読むらしい。

例えば

「打ち砕かれた心をつつみ、とらわれ人に自由を、つながれている人には解放を告知させるために」

という聖書の箇所を

「打ち砕かれた」「心」「つつみ」「とらわれ人」「自由を」「つながれている人」「解放」「告知させるために」

というように区切りながら、単語の持つ意味のイメージを膨らませるようにして読む。

区切らずにさらっと読めば、特に腹に落ちるほどのこともなく、「ああ、この内容はおそらくバビロン捕囚のことなんだろう」という具合に、独り合点しながら軽い受け止め方をしてしまうが、ひとつひとつの単語にこだわって読むと「とらわれる」とか 「つながれる」という意味についてイメージがグッと膨らむ感じになる。

つまり「とらわれていて、つながれているのは、世俗的な価値や欲望に縛られる私自身ではないか?」というように、自分のこととして、この言葉を当て始めたりするのである。

カトリック的には、聖書の読み方は、教会の教えに沿って読むべきだし、聖職者との対話で独りよがりな解釈にならないような補整は必要と思うが、ある意味、聖書の言葉を「腹落ちさせる」ために、こういう冒険的な手法があるという事がとても新鮮だった。

レクチオ・ディヴィナもカトリックの歴史の中での伝統的な財産の一つで、知らない財産がまだまだ多いということをあらためて知った。 


御降誕祭も終わり今年もそろそろ暮れようとしている。

一年間、駄文をお読みいただきお付き合いいただきました方々に御礼申し上げるとともに、今年の最後の更新になることをお知らせして今年のブログを終えたいと思う。

お読みいただいている皆様方。
どうぞ良いお正月をお迎えください。

カトリック藤井寺教会では、12月24日クリスマスイブの夜半ミサは天使ミサ(通常文ラテン語 カトリック聖歌503番)になるらしい。

カトリック藤井寺教会
〒583-0021
大阪府藤井寺市御舟町11−3

日時12月24日 20:00〜

2015年2月に書いた内容ですが、想うことがあり更新したいと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「キリスト教のお葬式は、雰囲気に暗さがあまりがない。」と言われたことがある。 

聖歌や賛美歌を歌うからだろうか?

確かに聖歌や賛美歌は、お経よりは雰囲気が明るいかもしれない。 

もちろん「雰囲気に暗さがない」というのは「しめやかさに乏しい」ということになるのかもしれないから、どちらが良いか悪いかではなく、印象が人それぞれということだろう。

とにかく、仏教であれキリスト教であれ「次の世界へ送り出す」セレモニーがお葬式。

日常生活のうえでは「次の世界」というのはあまり考えないし、丹波哲郎さんみたいに具体的にイメージできる人というのも、あまりいないとは思う。

しかし自分や愛する人の死を迎える時は必ず来る。

「次の世界」の存在を否定して全く信じないというのも人生の選択かもしれないが、いざ死を直視しなければならなくなったときに、はたして心の平穏を保てるだろうか?
「怖さ」「むなしさ」「寂しさ」「別れの悲しさ」といったネガティブな感情が、どんどん膨らむのではないだろうか。

冒頭の「キリスト教のお葬式に、暗さがあまりがない。」という印象についての話は (聖歌や賛美歌はともかくとして) やはり キリスト教 信仰 に 「復活信仰」がある ことが影響しているような気がする。                      


キリスト教 における「復活」は、神であるイエズス・キリストの復活だけではない。

聖書のヨハネ福音書11章「 ラザロの復活」は、私たち人間の「復活」 の話だ。

「わたしは復活であり命である、私を信じる者は死んでも生きる。生きて私を信じてる者は 永遠に死なぬ。あなたはこのことを信じるか」

とイエズスは、ベタニアのラザロの死を前にして永遠の生命を宣言する。

しかしラザロの姉マルタは、墓の中のラザロを称して「主よ、もう四日も経っていますから臭くなっています」という、普通に想定される冷徹なありのままの現実を告げるのである。

目前の現実に奇跡が起きることを実感できないマルタは、我々現代人のようだ。

しかしイエズスは「もしあなたが信じるなら、神の光栄を見るだろう言ったではないか」と告げる。
そして「ラザロ外に出なさい」という言葉とともに、ラザロは「復活」した・・・

淀川キリスト教病院の医師であった柏木哲夫さんは、臨終の際に「じゃあ行ってくるね」と襖を開けて隣の部屋に移動するような感じで亡くなった看取りがあったということを伝えている。 

現代においても私たちの目には見えない「復活」は起きているのではなかろうか。 


しかし、死による別れは、やはりこの世での別れ。 

このヨハネ福音書11章では、ラザロの死により悲しむ人々と接して「イエズスは涙を流された」と書かれている。
受肉によりて人となり給もうたキリストは、現実世界での別れである私達の死に涙を流す神である。 

「ボーヴェー大聖堂。鉄筋のない時代に石組みだけで48mまでの天井高まで到達。パリのノートルダムの1.5倍の高さで、12階建てのビルがすっぽり入る。」と前回書いたが、このボーヴェー大聖堂にはいろいろと逸話があるらしい。

1247年に工事が始まり空前の高さの48mで完成したものの支持構造の強度不足で12年後にヴォールド天井が大崩落!

支柱の数を倍に増やして1323年の内陣が再建。しかし百年戦争で中断。
1500年に再開。1569年に交差部に153mの高さの塔が完成。しかし今度はこの塔が傾斜し始める。
専門家を交えて対策協議をしているさなかに大音響とともに倒壊!

ゴシック建築の限界とされているようだが、300年かけて限界を極めるところまでやるというところが凄い。

ネットで画像を見ただけだが、強度を保つ為か外観はまるで要塞。

少しゴツゴツしすぎてるようにも感じるが、内陣はさすがにその高さが荘厳さを感じさせる。
その場にいたら上のほうに引き上げられるような感じがするのではないだろうか?

余談だが、聖ジャンヌダルクをイギリス軍に引渡し、異端裁判の判事をしたピエールコーション司教はボーヴェーの司教だったように記憶しているが、この大聖堂の司教だったことになる。

(※ボーヴェー大聖堂の逸話については河出書房の「図説 大聖堂物語」から一部引用)




ブログを始めてから8年も経ってしまったが、最近になって、文章を書く難しさを痛感している。

同じようなことを書いていても、文章の表現の仕方で、印象がガラッと変わるということを、あまり真剣に考えずに続けてきてしまったので、そういう文体の違いが気になって仕方がない。

そういうわけで、以前書いた内容を再読しながら書き直すという、あまり生産的ではない作業が始まってしまった。

しかし、読み直しによって、「こんなことを書いていたのか」という新たな発見もあって、アーカイブとして眠らせるのはもったいないという思いと、最近、もうネタが尽きてきたということもあって、文章表現を変えたうえで日付を更新することにした。


以下は、その更新記事になる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


カトリック教会らしい教会(建造物)をイメージするとき、どんなイメージが一般的なのだろうか?

ひとそれぞれとはいうものの、ゴシック様式の教会のイメージが強い感じがする。

初めてヨーロッパに行って、ミラノのドーモを見たときは、本当に驚いた。

その時の衝撃と感動で、私の場合もやはりゴシックの建築様式がカトリック教会らしさの典型になっている。

ただ、このゴテゴテした感じを嫌う人もいて「ゴシック」という言葉自体が15〜16世紀あたりからの蔑称らしい。

ところが驚いたのはゴテゴテしている部位も建築的に理にかなったところが多く、装飾のための装飾ではないようで、それぞれに一理あるらしい。

1.力学的には壁で支えているのだけど、採光を重視するために壁を薄くする必要があり柱がとび出てくる。

2.「リブヴォールト」(こうもり天井)は重力を横に逃がすための形状。

3.「フライングバットレス」(外側からアーチを支える柱)は外壁が横に広がろうとする力を外側から押さえ込む。

4.外側に飛び出た雨樋「ガーゴイル」(動物の形が多い)は雨水が外壁やガラスにかからないようにして、少しでも損傷を抑える。

5.「ステンドグラス」も採光のためだけでなく、
暗い聖堂で明るく光って見やすい聖書絵巻の役割を果たす。

極めて機能的で、その機能にもとづいた特徴的な形状を、装飾によって際立たせゴシック教会らしさを形作っている。

まさに機能する芸術。

高さを競い、ボーヴェー大聖堂は、鉄筋のない時代に石組みだけで48mまでの天井高まで到達した。パリのノートルダムの1.5倍の高さで。12階建てのビルがすっぽり入る。

科学のない時代に構造解析した訳でもなく、経験則で職人が築き上げた。

奴隷労働でつくられたわけでもない。

これほどのものを創るエネルギーはいったい何なのか?

美しさを感じるとき「削ぎ落とされたシンプルな美しさ」と「複雑で緻密な美しさ」のそれぞれ対極があるけれども、ゴシックは後者のわかり易い例かもしれない。

↑このページのトップヘ