カトリの日記

・日々の雑感とともに、主にカトリック教会について書いているブログ。

・日々の雑感とともに、主にカトリック教会について書いているブログです。
・キリシタンの時代から現代までの「カトリックの日本人」や「伝統的典礼」「教会建築」「教会音楽」 「宗教美術」など興味関心はいろいろ。
・現在の日本のカトリック教会は「伝統の断絶」「偏った政治指向」があると感じています。
・特別形式ミサ(伝統様式のラテン語ミサ/トリエント・ミサ)の実施に参加しており、不定期な開催の場合は、その告知を行います。

カテゴリ:カトリック神父・著名人・キリシタン・外国人宣教師 > 宣教師・キリシタンの渡欧者

先般の西日本の豪雨災害では、想像以上の被害がでている。
亡くなられた方々が神様の御元での安らぎが得られますよう、ご冥福をお祈りしたいと思います。

また、家屋を失われた方々、この酷暑の中でインフラの停止で苦しまれている方々への癒しと慰めが得られますよう、
救援活動、復旧活動に汗を流されている方々への励ましが得られますよう、
そのそれぞれにお祈りしたいと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いま京都では祇園祭が始まっていて、17日に山鉾巡行のピークを迎えようとしている。

私は関西に住んでいながら「祇園祭は大変な人混みで過酷な暑さ」という話をずっと聞かされてきたため、どうしても行く気にならず、とうとういままでに一回も行かなかったのだけれども、今年はご縁があってお誘いを受けたということもあって、宵山(正確には宵々々山)の14日に意を決して行ってみることにした。

山鉾巡行のピークを迎える3日前ということもあって、人混みは覚悟していたが「お祭りならばこのくらいは」というぐらいだろうか?
ただ暑さの方は、盆地の京都の暑さはやはりキツい・・・

しかしそれでも行って良かったと思えたのは、想像をはるかに超えたスケールの大きさだったからだろう。
スクリーンショット 2018-07-15 18.54.43


















(この画像は「船鉾」。 少し本文の内容と合ってませんが雰囲気ということで・・)


山鉾巡行で曳かれる「鉾」や「曳山」は、巡行前の宵山の時は、各町内(路上)で鎮座している。

路幅の広い四条通りは4車線なので車線規制で済むけれども、南北の細い路は、「鉾」「曳山」があるところは、路の真ん中にあるため全て通行止め。

宵山では、その町内各所にある、「鉾」「曳山」を見て回る。

「鉾」は3階ぐらいまではありそうな大きさだが、屋根上に細長い柱?が立つから名前も「鉾」なのか?

この柱が長い。

鉾頭があるてっぺんの高さは、近隣のビルの高さで見比べれば8階か9階まではありそうな感じがする。

この「鉾」「曳山」は思っていたよりも数が多い。前祭だけで23台ある。

山車としては、サイズでも数でも、明らかにボリュームがあり、このスケールの大きさが祇園祭の迫力なのだろう。

そして「鉾」「曳山」の前と横、後ろを飾る懸装品が絢爛豪華でスゴい。

驚いたことには、こ懸装品のなかに、16世紀ごろに織られたベルギー製のタペストリーがあるということだ。

それも一台ではない。
鶏鉾、鯉山、霰天神山、白楽天山、函谷鉾などがこの洋物(ヨウモノ)の飾りをつける。

この懸装品は、ホメロスの叙事詩「イーリアス」が題材になっていて、5枚の連作らしく「トロイアのプリアモス王と王妃ヘカベーの祈り」の場面や「トロイア王子ヘクトールと妻子の別れ」の場面があり、寸断されているらしい。

「鶏鉾」「鯉山」の懸装品「見送り」「前掛」は、重要文化財になっている。

キリシタン禁制下で、洋物の飾りをつける山鉾が存在していることに驚くが、キリスト教とは関係のない題材のため見逃されていることを思うと、キリスト教についての幕府の判別水準が、ある一定以上のレベルにあるという感じがする。

ただし、絵柄はキリスト教と関係がない題材であっても、贈り主はローマ教皇という説がある。
遣欧使節の支倉常長が5枚のベルギー製の織物を頂いており、その織物という話だ。

「トロイア王子ヘクトールと妻子の別れ」の場面というのは、ヘクトルがギリシアの勇者アキレスとの1対1の対決を行う前の場面だろうか?

妻子と別れた後、ヘクトルはアキレスに討たれて亡骸を馬に引き摺られてなぶりものにされる。
そして妃は戦利品とされ子供も殺される。
このうえない悲しい展開になる話だが、この場面の織物をローマ教皇が支倉常長に持たせたという話が本当ならば、帰国後の常長の置かれる状況を不安に思っていたようで複雑な気持ちになる。

常長がローマに到着した時は、徳川幕府のこの上ないキリシタン弾圧について、ローマにもその話が届いていたとされるからだ。

(この公式URLの鶏鉾の画像に、上記のヘクトルの懸装品が写っています)

もっともこの「洋物の懸装品」は、「イーリアス」を題材にしたものだけではない。

実は、旧約聖書創世記24章の「イサクの嫁選び」の物語が描かれているものもある。

アブラハムの老いた僕(しもべ)が、イサクの嫁選びに派遣された場面だ。
「『どうか水瓶を傾けて飲ませてください』と頼んだ時に、飲ませてくれる娘を嫁にもらう」という探し方をしてその通りになった場面だが、この織物については、支倉常長ルートではなくオランダ商館長の家光への献上品だったものらしい。

旧約聖書の方は、新約聖書に比べ、キリスト教の題材であることが、わかりにくかったのか?

わからないままに、何百年も祇園祭の鉾を飾った。

「マリア十五玄義図」の発見によって、近畿にも潜伏キリシタンがいたことがわかっているが、祇園祭で「イサクの嫁選び」の懸装品やローマ教皇から頂いた懸装品を見ていたとしたら・・・
というようなことを想像してしまう。

コンスタンチノ・ドラードに興味を持ったので「活版印刷人 ドラードの生涯」という本を読んでいて先日読み終わった。

この本は天正少年使節やキリシタンの話を舞台にしながらも、著者の青山敦夫さんが印刷業界の第一線にいた方で、印刷学会から出版されているということもあって、視点の軸足が「活版印刷」にある。
キリシタンに関係する本としては異色の本かもしれない。

とはいえ、小説仕立てになっているのでストーリーがあるし、天正少年使節や当時の日本の教会についての描写は大変細かく、客観的に当時の日本の教会の状態を垣間見る感じがして引き込まれた。

日本におけるキリスト教の宣教は、浮き沈みがありながらも時の権力者によって翻弄され、信長死後は秀吉や家康によって弾圧迫害に向かうので、哀しみと苦しみ、暗さ重さを帯びている。

しかし、この活版印刷の物語は、キリシタンの環境の厳しさに反比例するかのように、1000部を超える大量の印刷物が次々に生み出されていった事実を語っていて、弾圧期の話でありながら一筋の光彩のような煌きがあった。

コンスタンチノ・ドラードは、子供の頃から家族を知らぬまま教会で育つ。
天正少年使節とともにヨーロッパに渡航するという数奇な運命をたどるが、福音宣教のための活版印刷の技術習得という自らに与えられたミッションを忠実に守り、誠実にその使命を果たした。
日本に於いて印刷、出版されたキリシタン版の印刷物は32点あったとされている。 

禁教令による弾圧がピークとなったとき、日本に伝わったキリスト教の信仰の遺産は徹底的に破壊させられるが、教会施設だけでなく、このグーテンベルク直系の3台の活版印刷機による印刷技術、印刷文化も免がれることはできなかった。
印刷機のうち1台だけはドラードと共にマカオに移ったが、残りの2台の印刷機も、活字1本ですらも日本には現存しない。

ドラードは、日本の活版印刷の消滅という現実の中で、自らの奉仕の成果を実感することなく生涯を終えたかもしれない。


しかし、多くのキリシタン版の印刷物が世界各地に残った。

日本に於いても、印刷機だけではなく印刷物も焼却されたとされているが、著者の青山氏は、潜伏キリシタンの信仰の伝承において、このキリシタン版の書物を隠し持った可能性を示唆していた。

キリシタン版と潜伏キリシタンの信仰伝承の因果関係については、私は詳しく知らないのだけれども、もしドラードの印刷した本が、潜伏キリシタンの信仰のよすがとなったとするならば、キリシタン版は信徒発見までの信仰の伝承において運命的な役割を果たしたことになる。

長崎の教会群の世界遺産申請にあたり、禁教令下における信仰の伝承についての説明が必要とされていると聞いたが、日本には遺跡のようなものは何も残っていない。

ただキリシタン版の書物が残ったとするならば、それは数少ない信仰の遺産である。

日本で活版印刷を行うことにこだわったヴァリニャーノという人物の慧眼には驚くものを感じる。


現役で働いているカトリック信者の場合、自らの職業人としての職務の遂行が、神様の御心にかない、さらに主の御わざとなるはたらきであるようにと願う。
「医療」「介護」「教育」のような、人相手の仕事の場合、愛徳の行いを仕事に込めるということは実感が得られやすいように思う。
ところが「研究」「設計」「製造」のような、モノが相手の仕事だと、仕事と信仰が交わらないように感じることがあるかもしれない。

コンスタンチノ・ドラードは、そういう実業の世界に生きるカトリック信者にも、自らの使命を誠実に果たす中で、神様の御わざがはたらくことがあると示唆し、励ましてくれているようにも感じた。

コンスタンチノ・ドラードを道具とされた神様の御わざを想った。


グーテンベルク42行聖書を起点に、活版印刷やコンスタンチノ・ドラードをブログのテーマにしたからか、再び、キリシタンの時代に関心が向き始めている。

コンスタンチノ・ドラードについてもう少し詳しく知りたいと思って、amazonで関連する書籍を注文して届くのを待っているが、ついでに以前どこかで書評を読んで気になっていた「みんな彗星を見ていた」という星野博美さんの本も電子ブックで注文した。

というか、こちらは電子ブックなので注文と同時に直ぐ届く。

「直ぐ手に入る」「持ち運びで荷物にならない」「安い」というメリットとともに「場所をとらない」というメリットもあって、もう限界に近い本棚の状態を思えば、電子ブックで買える本はそちらのほうに変えていったほうが良いと思い始めている。

しかし電子ブックは良いことばかりではない。
どこまで読んだかがわかりにくく、全体像をつかみにくいのである。

加えて、技術的なアプローチでは解決しそうにない問題もある。
質感というか、手触り感だ。

「本を読む」作法としては、
タブレットの表示面が紙の手触りと比べるとやはり硬いので、ページをめくるときに、温かみが無いのである。
本を読むという行為に刷り込まれた人間の感覚は、そうそう簡単には切り換わらないのだろう。

「みんな彗星を見ていた」は、本の内容との相性を思えば、手触り感的に普通の書籍のほうが合っていた。
しかし、こういう事は、読み終わらないとわからないから仕方がない・・・


この本が気になったのは「私的キリシタン探訪記」というサブタイトルに興味を持ったからだ。

私は幼児洗礼で、物心ついた時には既にカトリックになっていたので、大人になってからキリシタンやカトリックに関心を持つ人に興味があるのである。

この本は、著者の人生での様々な経験、出会いを語りながら、次第にキリシタンの物語に好奇心を持つプロセスが語られている。

星野博美さんの本はいままで読んだ事はなかったが、自分の体験談を織り交ぜながらグイグイ読者を引き込んでくる。
「私的」な体験談については軽妙な語り口と言ってもよく、スイスイ読み進めることができる魅力的な文章である。

星野さんは、子供の頃にNHKのある大河ドラマを見て天正少年使節を知り、そのことが記憶に残っていたらしい。
不思議なことに、2008年に偶然に187殉教者列福式のポスターを
見かけて、その列福者リストに中浦ジュリアンの名前を見つけた。
その時に天正少年使節の記憶が蘇って、キリシタンへの興味が膨らんだようだ。

天正少年使節が秀吉の前で弾いたと言われるリュートという古楽器を、実際に習ってあの時代を感じようとするところが星野さんの持ち味だろう。
私自身も特別形式ミサ(トリエント・ミサ)に与る心境の一つに、キリシタン時代のミサとの同一性を体感したいという気持ちがあるので少し似ているような感じがした。

しかし星野さんの探究心は、NHKの大河ドラマで描かれるような、安心できる宣教師像で終わらない。

苛酷な弾圧にさらされ殉教する宣教師の姿にも真っ直ぐに目を向けていく。
キリシタン史は情報量の多さからイエズス会の視点になりやすいが、この本ではどちらかといえば托鉢修道会からの視点に立っていて、ドミニコ会の宣教師の事など新たに知る事実も多かった。

私は、若い時に読んだ遠藤周作さんの「沈黙」の影響かもしれないが、棄教者の惨めさや哀しみに自己同化してしまって、殉教者については、自分とは違うレベルの超人的な存在に感じてしまって、自分とは切り離して見てしまうクセがなんとなく残っていたのかもしれない。

しかしこの本を読むと、殉教者も人生の旅路を歩む私と同じ一人の人間である事に(当たり前の事なのだが)あらためて気づかされる。

星野さんは「この時代に犠牲になったのは、列聖者42人 列福者393人 記録の残る殉教者約4000人 充分な記録のない殉教者は4万人である。」と書いたうえで、「ヴァチカンの列聖とは、『あなたの存在を忘れない』という執念、つきつめれば『記憶する』という一点に行き着く」という見方をする。

そして殉教した宣教師の前半生をさらに知るためスペインの片田舎の出生地にまで出かけて行くのである。

知りたいという気持ち、記憶に残したいという気持ち、誰かに事実を伝えたいという気持ちも、一つの愛の姿であると教えてくれているようにも感じた。

amazonのユーザーレビューは、11名の投稿者全員が五つ星になっている。

同じく私にとってもとても印象に残った本だった。

グーテンベルクの発明した活版印刷によって42行聖書が作られてから、およそ一世紀半後には、日本にも活版印刷機がもたらされている。

アレッサンドロ・ヴァリニャーノ巡察師のインド副王使節としての再来日(1590年)の時だ。

島原の加津佐のコレジオに持ち込まれるが、その後コレジオの移動に伴って天草、長崎と転々と移される。
その間に、ローマ字だけではなく、日本語の漢字やひらがなカタカナの印字による印刷も行われている。

キリシタン版と呼ばれている。

グーテンベルクも、自らが発明した活版印刷がヨーロッパから見れば世界の果てのような)日本で、150〜160年ぐらい後に行われるとは 思わなかっただろう。  

有名な「どちりなきりしたん」も、この活版印刷機によって印刷された。
「どちりなきりしたん」は、今の時代で言うところの、公教要理、カテキズムということになるのだと思うが、ちょうど日本では関ヶ原の合戦があったような時代に、活版印刷機をカチャカチャさせながら公教要理を印刷している情景があったということになる。

活版印刷は、文字の組み直しが出来るメリットがあるが、漢字の文字数が多くあり「ひらがな」が混ざる日本語の特性には合わなかったと言われる。

しかし「どちりなきりしたん」の画像をチラリと見るかぎりでは、いくぶん「かな」のほうが多い文章のように見えるものの綺麗に文字が整い繋がっていてぎこちない感じはしない。

しかしながら残念な事に、この活版印刷機は長崎からマカオに移されてしまい、活版印刷の技術そのものが日本から消えてしまった。

その後、再び
活版印刷が行われるのは、明治維新以降になる。

マカオに移された原因は、徳川幕府の慶長の禁教令によって、長崎の教会施設が全て破壊されたためだ。

日本におけるキリスト教信仰と全く同じ運命を辿った、活版印刷という印刷技法に、なにか不思議な親近感、愛着を感じてしまった。

キリシタン版については、信州大学で熱心な研究をしている方がいる。
講演の機会があるようならば、一度是非、講演を聞いてみたい。


ところで、このキリシタン版の活版印刷については、コンスタンチノ・ドラード(日本人名称不詳)という人物が、大きく関わっている。

コンスタンチノは、孤児であったが、なんとポルトガル語に長けていた。

イエズス会の同宿となり、天正遣欧少年使節の従者としてヨーロッパに行くことになる。

彼に与えられた遣欧におけるミッションは、従者としての勤めだけではなかった。
もう一つの使命は、活版印刷の技術習得だった・・・

西美のミュージアムショップでは、カルロ・ドルチの「悲しみの聖母」のレプリカ(レプリカって言っていいのかな?ポストカードより大きめのプリントです。)を売ってるんですが、数ある展示物の中から選出されてるのですから人気の程がうかがえます。

私も買いました。

「悲しみの聖母」は「マーテル・ドロロサ」といって、十字架上のキリストの受難を悲しむ聖母単独の絵姿の型をさすみたいですね。

このさい、しっかり飾ろうと思って画材屋さんに行って額もあつらえた。

絵なんか買う事無いから始めは会話が噛み合わないし、本物の絵でもないプリントをわざわざ額に入れるのが不可解だったみたいだけど、「ヨーロッパらしい感じをだすとしたらこのあたり」とか言ってけっこういろいろ取り出してくれた。
「せっかくだからボードは楕円に切りましょうか」「楕円に切るのは難しいんじゃないの」「5mmぐらいは被せがいるね」「もうちょっとギリギリまで被せを減らしてよ」とか、そんな会話が楽しい。

悲しみの聖母2というわけで、こんな感じになりました。

西美の雰囲気。少し再現できました。
西美のフレームはもっと凸凹していてゴージャスな感じなんだけど、こちらはプリントなので少し控えめにしました。
でも適当にフォトフレームなんかに入れなくてよかった。


すぐ横はゴチャゴチャして俗の極みだけど
絵の回りだけはビシッと決まって聖なる空気が漂って来る感じ・・・

シドッチ神父が命をかけて運んだ「親指の聖母」を受け継いだような不思議な感覚がします。このマリア様を前にして、アヴェマリアを唱える日々が始まりました。

↑このページのトップヘ