ウナ・ヴォーチェ・ジャパンの指導司祭である植田神父の訪日に伴い、2017年2月5日に京都のカトリック北白川教会でラテン語特別形式歌ミサ(トリエント・ミサ)が行われる。

その一週間後に、東京でも特別形式歌ミサが行われるのでお知らせしたい。 


日時: 2017年2月11日(土)(建国記念の日)
9:30〜10:30頃 黙想会
12:00~ ロザリオ(告解)
12:30~ 特別形式の香付き歌ミサ(無原罪の聖母マリアのルルドにおける出現、三級、白)

場所: 東京都北区赤羽2-1-12
カトリック被昇天聖母赤羽教会

(赤羽教会への問い合わせはご遠慮ください。)

黙想会指導、司式司祭:
ラファエル植田勝行神父(王たるキリスト宣教修道者会)

参加費:自由献金(今後の黙想会運営等に使用いたします)
主催:信徒有志黙想会(赤羽教会)後援:UVJ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2月5日 京都 北白川教会 植田神父

2月10日 四谷 麹町教会 アマート枢機卿

2月11日 赤羽教会  植田神父


という具合の密集した日程で、3回も非定例のラテン語ミサがあるというのは、驚くべきことで、これも福者 高山右近が呼び集めてくれた結果のように感じる。

素直に感謝したい。


念のための注釈だが、ウナ・ヴォーチェ・ジャパンは東京教区で認可されている信徒団体であり、ラテン語特別形式ミサ(トリエント・ミサ)についても、バチカンの教令スンモールポンティフィクムによってこのミサを行う上で全く問題はないことはお知らせしたい。


いま映画「沈黙」が話題になっているが、この映画のなかで、トモギ村で密かに行なわれるミサがラテン語特別形式ミサ(トリエント・ミサ)である。

スコセッシ監督も、厳粛荘厳さのある昔のミサの姿にこだわったという解説が、どこかに書いてあった。


トラディショナルなしつらえの赤羽教会でラテン語特別形式ミサ(トリエント・ミサ)があるというのは滅多にない機会で、トモギ村のミサに惹かれたという方がおられたら、是非2月11日の赤羽を訪ねていただくことをお勧めしたい。