前々回掲載した、ヴァチカンの典礼秘跡省長官であるサラ枢機卿のメッセージについて、新しいニュースがでていることを友人から教えてもらったので、ブログにアップしたい。

日本のカトリック教会が、サラ枢機卿のメッセージをどのように受け止めているかは全くわからない。

しかし海外では、目に見える動きが起きているということを、少しでも多くの日本のカトリック信者に知ってもらいたいと思う。

https://www.lifesitenews.com/blogs/dismissing-cardinal-sarahs-advice-imagine-if-the-laity-did-it 



July 21, 2016 (LifeSiteNews) – Cardinal Robert Sarah’s encouragement of priests to face the tabernacle with the faithful during Mass and for the faithful to receive Holy Communion kneeling created quite the stir! The Vatican, which is famous for silence or ‘reacting in centuries’ in the face of some of the most severe scandals even concerning Cardinals, this time reacted with lightning speed.
The very next business day after Cardinal Sarah returned from his trip where he made his suggestion for traditional worship, Vatican spokesman Fr. Federico Lombardi put out a press release. The day after that the US Bishops Conference put out their own release referring to the Vatican telling priests, there is no “new mandate for the celebrant to face away from the assembly.”
Cardinal Sarah never said it was mandated mind you. He asked humbly for his brother priests and bishops to implement the practice, suggesting Nov. 27 – the first Sunday of Advent – as a possible start date. He didn’t insist on it, even though he is the Church’s chief liturgist.
Imagine if Catholics only did what we were mandated to do in the Church. How much poorer a church would we be if Catholics only attended Mass on Sundays, which is the minimum mandate? What if we only went to confession once a year as we’re mandated? What if we only received Holy Communion once a year during the Easter season?
There would be no one to flip pancakes and cook the bacon and sausages at those Church breakfasts, because there’s no mandate for that. Hey, there would be no breakfasts or church suppers at all!  No fundraisers for the poor, no potlucks to benefit children’s charities and hospitals. There would be no Knights of Columbus or Catholic Women’s groups.  The good ladies who volunteer with bake sales and taking care of vestments would vanish. Forget the prayer groups, the soup kitchens, the Catechism classes, and even Catholic schools.                                              No one is mandated to become a priest – so of course that would become a thing of the past.
We are all called to do things beyond what is mandated.  We are called to be generous with Our Lord. So as we the faithful pledge to be generous with our gifts and talents in the service of the Church despite the stigma the world attaches to that, courageous priests and bishops have done the same and are willing to sacrifice the admiration of the world to honour Our Lord.
It’s up to the faithful to encourage their own priests and bishops to adopt Cardinal Sarah’s suggestions for liturgy.  Some of their own brother priests and bishops who prefer the 1970s-style liturgy will likely look down on them for taking the step.   But we can encourage them with the words of the head of the Church’s congregation in charge of liturgy. Cardinal Sarah said this practice should be implemented with “a pastor’s confidence that this is something good for the Church, something good for our people.”
 “Dear Fathers,” he said, “we should listen again to the lament of God proclaimed by the prophet Jeremiah: “they have turned their back to me” (2:27). Let us turn again towards the Lord!”
One Bishop in France has already accepted Cardinal Sarah’s challenge.
French Bishop Dominique Rey of the diocese of Frejus-Toulon announced that he would celebrate Mass “ad orientem” at the last Sunday of Advent “and on other occasions where appropriate.” “Before Advent,” he added, “I shall address a letter to my priests and people on this question to explain my action. I shall encourage them to follow my example.”
May God bless you Bishop Rey! And may God bless all of you!


サラ枢機卿のアドバイスは反故 ― 仮に信者がそうしたらと想像して
2016年7月21日(LifeSiteNews)- ロベール・サラ枢機卿が推奨した、ミサ中に司祭が信者と共にご聖櫃に向かうこと、そして信者が聖体拝領でひざまずくことへの奨励は、大きな覚醒を呼び起こしました。通常バチカンは、枢機卿のシビアなスキャンダルには沈黙するか、もしくは‘幾世紀をかける’対応ぶりですが、今回は電光石火の対処でした。
サラ枢機卿が伝統的ミサ提言の会議から戻ったまさにその翌日、バチカン広報局委員Federico Lombardi司祭は公式に声明を発表しました。また後日US司教協議会は、バチカンの司祭への指導に言及し、「司式司祭が会衆に背を向ける新しい義務」はないと、独自の発表を行いました。
しかしサラ枢機卿は決してあなた方に義務を課すとは述べられませんでした。彼は謙遜のうちに、兄弟の司教司祭に、可能であれば待降節の最初の日曜、11月27日に訓練実行を始めることを奨めたのです。サラ枢機卿は典礼秘跡庁長官ではありますが、東向きのミサに固執しているのではありません。
もしカトリック信者が教会で義務だけを行なえば、と想像してみてください。もし信者が最小限の義務である日曜のミサだけに与かるならば、教会はどれほど貧しいものとなるでしょう。もし義務通り、年一度だけ赦しの秘跡を受けたら? また年一度の復活祭だけに聖体拝領したなら?
そうです。教会には、朝食用パンケーキやベーコン、ソーセージを調理するために信者がいるのではありません。なぜならそれが義務ではないからです。教会には朝食も夕食もなく、貧しい人への資金集めも、子供のための慈善事業も、病院への持ち寄り料理もなく、コロンブスの騎士会やカトリック婦人会もありません。もし義務であるなら、ボランティアでケーキを焼いて販売し、祭服に気を使う善良な婦人たちはいなくなってしまうでしょう。祈りのグループ、食糧配給、要理クラス、教会学校さえも義務ではありません。
司祭になることが誰の義務でもないのと同様に、今回のことも、義務ではないのですから、いずれ過去のものになるでしょう。
では私たちは何を義務として呼ばれているのでしょうか。それは主と共にある寛容です。教会での奉仕において、各々の才能をもって寛容にそれらを執り行う約束をしているのですから、世界の方向性を見極めれば、勇気ある司教司祭は枢機卿の奨めに従い、主の栄光を讃えるために、聖痕を受けるがごとく喜んで、自分への称賛を犠牲にすることでしょう。
司教司祭たちがサラ枢機卿に従うことを提案するのは信仰深い人々次第です。が、彼ら自身の兄弟である司教司祭は、1970年以降のスタイルを好み、東向きのミサを見下ろす一歩を踏み出そうとしています。
しかし彼らを勇気付けるのもまた、典礼秘跡庁長官サラ枢機卿が司教司祭に向けた次の言葉です。
「この訓練は、司牧者の自信と信頼、教会と信者の向上と共にあるよう実施されるべきです。
親愛なる父たちよ。我々は神が預言者エレミヤに示された嘆きをもう一度聴かねばなりません。
“彼らは私に背を向けた。(エレミヤ2・:27)。”  さあ、もう一度主に向き直りましょう!」

フランスの司教はサラ枢機卿の提言を既に受け入れました。
フランスFrejus-Toulon教区のDominique Rey司教は、東向きのミサを待降節の最後の日曜、また他の適切な機会にも祝うことを告知して、このように付け加えました。「待降節前に、私は教区の司祭と信者に、私の行動について説明する手紙を書き、私に付き従うよう勧めます。」 
神がRey司教を、そしてあなたがたすべてを祝福してくださいますように!