晴佐久神父の新しい赴任先が、上野教会、浅草教会と聞いて、上野のマリア様の事を思い出した。

上野のマリア様とは、(私が勝手に呼んでいるのだが)上野公園の二つの博物館美術館にあるマリア様の御絵のこと。

一つは国立西洋美術館の「悲しみの聖母」
17世紀中期に、カルロ・ドルチによって描かれたもの。

以前、このブログでもテーマにしたことがある。
http://catholicus.blog.jp/archives/2709549.html
http://catholicus.blog.jp/archives/2723200.html

下記の「親指の聖母」との関係性を想うと、西美関係者の方の収蔵品の集め方?のセンスの良さに感心してしまう。

もう一つは、国の重要文化財である国立博物館の「親指の聖母」


「親指の聖母」は、江戸時代中期に日本で殉教した宣教師シドッチの所有物だったもので、博物館の歴史資料としての所蔵品のためか、修復はせず損傷のままの状態で保存されている。

ドルチの「悲しみの聖母」の複製画のようで、構図などは、そっくりだが、手の部分が服に隠れていて親指しか見えないということで「親指の聖母」とも呼ばれている。

「親指の聖母」はカトリック碑文谷教会にもあり、ホームページでは「江戸のサンタマリア」と紹介されているが、こちらはレプリカでシドッチ神父所有の本物ではない。

あくまで本物は東京国立博物館にある。
ホームページによると長崎奉行所旧蔵品と書いてある。

シドッチ神父のジェノバ出発は1703年。
江戸切支丹屋敷での帰天が1714年。

切支丹屋敷廃止よって宗門蔵のキリシタン諸道具などが神田見附内の多門櫓
(不浄倉)に移されたのが1792年。
その後にこの絵は長崎奉行所に移されたことになる。

関連する年譜を見れば
長崎の大浦天主堂での信徒発見は1865年。
東京国立博物館の創立が1872年。
キリシタン禁教令高札の撤去が1873年

そしていま東京国立博物館の館内にある。

驚くのは、江戸時代のキリスト教関連の資料が残っているという所蔵期間の長さ、古さだけでない。

このように目立つキリスト教信仰のシンボルが、弾圧する徳川幕府側の蔵の中に残っていたということ自体が奇跡的に感じるのである。

この運命的な不思議さを想うと、どうしても観たくなるのだが常設展示ではないようでなかなかタイミングが合わずまだ出会えていない。

なんと2014年に特別公開がされていたようだが、見損なってしまった・・・

シドッチ神父帰天300年後の年だった。
これは迂闊だった・・・

シドッチ神父の人生を想うと、もうこれは聖遺物の存在感にも等しい。

次の公開はいつなのだろうか?