あけましておめでとうございます。
赤羽教会

昨年末より、1月のラテン語特別形式ミサに関するビッグニュースが発信がされている。

前回、お知らせした、モンシニョールのラテン語特別形式ミサ(トリエント・ミサ)は、京都、北白川だけでなく、UVJの本拠地である東京でも行われる。

このミサは、場所(会場)に注目。

ゴシック様式の荘厳壮麗な聖堂として東京でも突出した存在感のある赤羽教会で、ラテン語特別形式ミサが行われるというのは、今までになかった事態で、ちょっと心臓の鼓動が早くなるような感じがする。

中世のカトリック教会のミサに与れるような感覚というか、カトリックらしいミサを五感で強く感じることができるミサになるのではなかろうか?

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「ローマ典礼 ラテン語 特別形式歌ミサ」


1月24日(日)午後2時〜

カトリック赤羽教会(東京都北区)

司式 
デビッド・リンク神父様
(米国カリフォルニア、オークランド司教区司祭、エルサレムの聖墳墓騎士修道会騎士)

主催  UVJ(ウナ・ヴォーチェジャパン)

http://uvj.jp/mass/6550/

詳しくは
、ウナ・ヴォーチェジャパンのホームページをご参照ください。
また、赤羽教会への問い合わせはご遠慮ください。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------