下記のお知らせの高円寺教会のミサは、中止となりました。

聖堂を確認したところ、祭壇前のスペースに余裕が無く、特別形式ミサのしつらえが
困難である事が確認されたもようです。

せっかく、聖堂の使用の許可がおりたのに残念ですし、ご予定いただいた方には
申しわけないですが、ご容赦ください。

以上お知らせします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2016年10月30日(日) カトリック高円寺教会

東京都杉並区高円寺南2-33-32  地図

(カトリック高円寺教会への問い合わせはご遠慮ください。)

14:30~ 告解、ロザリオ

15:00頃~ 特別形式の香付き歌ミサ(王たる我らの主イエズス・キリスト、一級、白)

司式司祭:アウグスチヌス池田敏雄神父(聖パウロ修道会)

参加費 :自由献金

主催  :Una Voce Japan

※ 都合により予定が変更になる場合があります。Una Voce Japanのサイトで最新の情報を確認いただけますようお願いいたします。

__________________________________________

昨年の秋は、UVJの指導司祭の植田神父様の一時帰国にともなって、関西で特別形式ミサがあったが、残念ながら今年の秋は無い。


しかし東京でならば、池田神父様司式の特別形式 ミサが、高円寺教会である。


池田神父様の 特別形式ミサは、 与ろうと思えば四谷の若葉修道院で毎月与ることはできるのだが、普通の小教区教会が会場になると、不思議だが少し特別な感じがする。

未経験の方ならば、特別形式ミサに与る最初の動機になりやすいというか、きっかけを掴み易いというのはあるかもしれない。

興味関心を持つ方は、10月30日の高円寺教会のミサを日程として記憶いただけたらと思う。


また秋は、11月5日に目白カテドラルで荘厳司教ミサもあり、ラテン語ミサに与かれる機会が多くなる。


ブログは、一度休んでしまうと、再開することにかなりエネルギーが必要なことを体感してしまっているが、こういったミサに与ることができるならば少し気持ちにハリがでるような感じもする。