カトリの日記

・日々の雑感とともに、主にカトリック教会について書いているブログ。

・日々の雑感とともに、主にカトリック教会について書いているブログです。
・キリシタンの時代から現代までの「カトリックの日本人」や「伝統的典礼」「教会建築」「教会音楽」 「宗教美術」など興味関心はいろいろ。
・現在の日本のカトリック教会は「伝統の断絶」「偏った政治指向」があると感じています。
・特別形式ミサ(伝統様式のラテン語ミサ/トリエント・ミサ)の実施に参加しており、不定期な開催の場合は、その告知を行います。

2015年02月

「キリスト教のお葬式は、雰囲気に暗さがあまりがない。」と言われたことがある。

聖歌や賛美歌を歌うからだろうか?

確かに聖歌や賛美歌は、お経よりは雰囲気が明るいかもしれない。

もちろん「雰囲気に
暗さがない」というのは「しめやかさに乏しい」ということになるのかもしれないから、どちらが良いか悪いかではなく、印象が人それぞれということだろう。

とにかく、仏教であれキリスト教であれ「次の世界へ送り出す」セレモニーがお葬式。

日常生活のうえでは「次の世界」というのはあまり考えないし、丹波哲郎さんみたいに具体的にイメージできる人というのも、あまりいないとは思う。

しかし自分や愛する人の死を迎える時は
必ず来る。

「次の世界」の存在を否定して全く信じないというのも人生の選択かもしれないが、いざ死を直視しなければならなくなったときに、はたして心の平穏を保てるだろうか?
「怖さ」「むなしさ」「寂しさ」「別れの悲しさ」といったネガティブな感情が、どんどん膨らむのではないだろうか。

冒頭の「キリスト教のお葬式に、暗さがあまりがない。」という印象についての話は (聖歌や賛美歌はともかくとして) やはり キリスト教 信仰 「復活信仰」がある ことが影響しているような気がする。 


キリスト教 における「復活」は、神であるイエズス・キリストの復活だけではない。

聖書のヨハネ福音書11章 ラザロの復活」は、私たち人間の「復活」 の話だ。

「わたしは復活であり命である、私を信じる者は死んでも生きる。
生きて私を信じてる者は 永遠に死なぬ。あなたはこのことを信じるか」

とイエズスは、ベタニアのラザロの死を前にして永
遠の生命を宣言する。

しかしラザロの姉マルタは、墓の中のラザロを称して「主よ、もう四日も経っていますから臭くなっています」という、普通に想定される冷徹なありのままの現実を告げるのである。

目前の現実に奇跡が起きることを実感できないマルタは、我々現代人のようだ。

しかしイエズスはもしあなたが信じるなら、神の光栄を見るだろう言ったではないか」と告げる。
そして「ラザロ外に出なさい」という言葉とともに、ラザロは「復活」した・・・

淀川キリスト教病院の医師であった柏木哲夫さんは、臨終の際に「じゃあ行ってくるね」と襖を開けて隣の部屋に移動するような感じで亡くなった看取りがあったということを伝えている。

現代においても私たちの目には見えない「復活」は起きているのではなかろうか。


しかし、死による別れは、やはりこの世での別れ。

このヨハネ福音書11章では、ラザロの死により悲しむ人々と接して「イエズスは涙を流された」と書かれている
受肉によりて人となり給もうたキリストは、現実世界での別れである私達の死に涙を流す神である。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私事で二週間ほど更新ができませんでしたが、再開します。 
これからもどうぞよろしくお願いします。

ISILのテロで亡くなられた後藤さんの、生前のツイートが話題になっている。

リツイートが4万を超えているという。

「目を閉じて、じっと我慢。怒ったら、怒鳴ったら、終わり。それは祈りに近い。憎むは人の業にあらず、裁きは神の領域。−そう教えてくれたのはアラブの兄弟たちだった。」

後藤さんは、もうこの世にはいない。

亡くなられた後で見たので、まるで天国から
ツイートしているみたいで少し驚いた。
生前にこのような
ツイートを残されていたということに、何か不思議なものを感じる。


聖書で似たような意味のところを探してみた。

「人を裁いてはいけない」という意味ならば、
マタイ福音書7章、ルカ福音書6章、ヤコボの手紙4章
のあたり。

「怒らずに我慢する」というところに目を向けると、
詩篇37章8節
「怒りをやめ憤りを捨ていらだつな。それは悪にすぎない」
のあたり。


後藤さんに教えた「アラブ兄弟たち」というのは
、「霊的な兄弟」という意味ならば、キリスト教徒の可能性もないわけではないが、地域的なことから推測すれば、おそらく(親近感からの「兄弟」という意味で)ムスリムなのだろう。

イスラム教はクルアーンだけではなく聖書も啓典として内包し、キリスト教徒も「啓典の民」と呼ぶそうだから、イスラムの教えでもあるのかもしれない。


シラ書1章

「向こう見ずな怒りには弁護の余地がない。欲の力が彼を滅びに導くからだ。忍耐の人は時がくるまで耐え忍び最後に喜びを知る」

というのもあった。


私には、 ISILが神の裁きを受けるとどうなるかが、彼らにとっての啓典にも書かれているように感じた。

後藤さんのほうは
、「おそらく『多くの人が思っているあの場所』に今はいる」と私も思う。

↑このページのトップヘ