カトリの日記

日々の雑感とともに、主にカトリック教会について書いてるブログ。

日々の雑感とともに、主にカトリック教会について書いてるブログ。
キリシタンの時代から現代にいたるまでの「カトリックの日本人」についての記録や「伝統的典礼」「教会建築」「教会音楽」 「宗教美術」など興味関心はいろいろ。
「伝統の断絶」と「政治指向」による躓きがある現在の日本のカトリック教会においては、ラテン語ミサの復興と普及が必要と考え、その実施に参加しています。

ウナ・ヴォーチェ・ジャパンの指導司祭である植田神父の訪日に伴い、2017年2月5日に京都のカトリック北白川教会でラテン語特別形式歌ミサ(トリエント・ミサ)が行われる。

その一週間後に、東京でも特別形式歌ミサが行われるのでお知らせしたい。 


日時: 2017年2月11日(土)(建国記念の日)
9:30〜10:30頃 黙想会
12:00~ ロザリオ(告解)
12:30~ 特別形式の香付き歌ミサ(無原罪の聖母マリアのルルドにおける出現、三級、白)

場所: 東京都北区赤羽2-1-12
カトリック被昇天聖母赤羽教会

(赤羽教会への問い合わせはご遠慮ください。)

黙想会指導、司式司祭:
ラファエル植田勝行神父(王たるキリスト宣教修道者会)

参加費:自由献金(今後の黙想会運営等に使用いたします)
主催:信徒有志黙想会(赤羽教会)後援:UVJ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2月5日 京都 北白川教会 植田神父

2月10日 四谷 麹町教会 アマート枢機卿

2月11日 赤羽教会  植田神父


という具合の密集した日程で、3回も非定例のラテン語ミサがあるというのは、驚くべきことで、これも福者 高山右近が呼び集めてくれた結果のように感じる。

素直に感謝したい。


念のための注釈だが、ウナ・ヴォーチェ・ジャパンは東京教区で認可されている信徒団体であり、ラテン語特別形式ミサ(トリエント・ミサ)についても、バチカンの教令スンモールポンティフィクムによってこのミサを行う上で全く問題はないことはお知らせしたい。


いま映画「沈黙」が話題になっているが、この映画のなかで、トモギ村で密かに行なわれるミサがラテン語特別形式ミサ(トリエント・ミサ)である。

スコセッシ監督も、厳粛荘厳さのある昔のミサの姿にこだわったという解説が、どこかに書いてあった。


トラディショナルなしつらえの赤羽教会でラテン語特別形式ミサ(トリエント・ミサ)があるというのは滅多にない機会で、トモギ村のミサに惹かれたという方がおられたら、是非2月11日の赤羽を訪ねていただくことをお勧めしたい。



高山右近列福式ミサに伴い訪日されるアマート枢機卿をお迎えし、東京教区では、高山右近列福感謝ミサが、ラテン語通常形式によって行われるらしい。

日時は以下をご参照願いたい。

日時:2017年2月10日(金曜日)18:00-19:20
場所:カトリック麹町(イグナチオ)教会
   JR ・ 地下鉄 四谷駅 一分 
主司式: 教皇庁(バチカン)列聖省長官 
      アンジェロ・アマート枢機卿
共同司式:ペトロ岡田武夫東京大司教他 
主催: カトリック中央協議会・東京大司教区

良いニュースだと思う。





【今回は特にネタバレ注意。ラストも含めてストーリーの内容に触れています。】  


映画「沈黙ーサイレンス」を観た。

非常に厳しい映画である。

キリシタン弾圧の拷問、処刑の場面が、映像化されると大変きつい描写になるということを、頭ではわかっていたつもりだったが、実際に目で見るのとでは違いが大きかった。

前回「「沈黙」は、遠藤さんの小説世界でありフィクションである」とは言ったものの、それは人物描写としての話であって、時代背景としての弾圧迫害については記録も多く、映画「沈黙」の迫害の描写は事実に近いと思う。

誰が観ても酷い描写だが、キリスト教の信者にとしては客観視することが難しく、私にはとても辛かった。

「覚悟して観るように」というシスターのアドバイスの紹介が twitter でツイートされていたが、的確なアドバイスだと思う。
かなり激しく厳しい描写であることはお伝えしておきたい。


映画としては、日本を舞台にした外国映画だが、民俗的な時代考証が非常に緻密で、映像や音声の効果もとても繊細だったので日本人が観ても違和感がない。

ストーリーそのものや、描かれる世界は、完璧と言っていい程に、遠藤さんの原作に限りなく近かったように思う。

酷い描写は辛かったけれども、私はこの、映像化された「沈黙」の世界に接して新たにこの作品を理解できたことが多く、観たことは本当に良かった。

小説を読んだだけでは理解しきれなかった自分の想像力の少なさもわかり、私は自分の見方がやはり一面的で、頑なだったと気づかされた。

特に、この作品にキチジローが必要だった本当の意味がわかったような気がしている。

遠藤さんの小説の人物像では、キチジローは皆から軽蔑される卑怯な男として描かれるがキチジローの何回もの「転び」が、その後に同じ数だけの良心の呵責と後悔があったということに、 映像化された世界のキチジローの叫び声を聞いてより生々しく伝わったきたのである。

キチジローは、確かに殉教者になる勇気を持てない弱い男(現代ならばおそらく私と同じ普通の男)だが、罪の自覚に対しては極めて素直で、いくら踏み絵を踏んでも
、絶望せずにあがく。救いを求める。

1月2日に放映されたNHKーBSスペシャルの中で「転ぶ」というのは、文字どうりの「倒れる」という意味で良いというアメリカ人研究者の解釈があったが、キチジローはまさにその通りだった。

また踏み絵についても、その行為をもって「棄教」と断じてしまうことはたやすいが、自分が踏み絵を踏まなければ、自分の代わりに他の信徒が拷問され続けるというロドリゴと同じ状況では、もう選択はありえず、踏み絵そのものが精神的拷問、処刑だった。

棄教というのは、強制された踏み絵ではなく、自ら神の存在に耳と心を閉ざし背を向けたときが真の棄教なのだろう。

いろいろな解説を読むなかで「最終的にロドリゴにとって、キチジローが師となった。」という解説があったが、キチジローの存在の有無はロドリゴとフェレイラの残りの人生の違いとなる。

この解説を読んで、キチジローが、遠藤さんのこの後の小説の「侍」に登場する中間の与蔵と二重写しになって、遠藤さんが描く「救い」とは、常に「寄り添う存在」がテーマだったということを思い出した。


ラストの切支丹屋敷役人日記のエピローグの部分は、ほんの少しだけ原作から踏み込んでいる。
というか、ここは小説では読者に想像と解釈を委ねるところなので、ここはスコセッシ監督が解釈した内容になる。

かつての篠田正浩監督による邦画版「沈黙」の方は、原作者の遠藤さんが納得がいかず、ラストシーンの削除を求めたらしい。
篠田監督は、その要請に応えなかったので、この映画は遠藤周作の原作「沈黙」とは、メッセージが別物になってしまっていると言っていい。篠田監督が勝手な解釈をした「沈黙」ということになる。

スコセッシ監督のラストシーンのほうは、遠藤さんが存命ならどう思うだろうか?

篠田監督とは異なりスコセッシ監督の表現は、控えめだけれどもトモギ村のかくれキリシタンに対するリスペクトが最大限に表現されていたように思った。

おそらく遠藤さんも、このラストには共感し納得してくれるだろう。

中盤の、(その時は重要さに気づかない)ほんのちょっとの挿入場面が最後に非常に重要な意味をもったことになるのだが、この挿入は遠藤さんの原作の流れを全く壊さず、最後の切支丹屋敷役人日記のエピローグの謎解きにつながった。

この映画のラストはとても良かったと思う。

ラストで、ロドリゴの「沈黙の声」に対する想いが示されたことに賛否はあるのかもしれないが、この作品の結論が「(神の)沈黙」で終わらないためには必要だった。

スコセッシ監督に拍手を贈るとともに感謝したい。

きっと遠藤さんも理解して喜んでくれるように思う。


↑このページのトップヘ