カトリの日記

日々の雑感とともに、主にカトリック教会について書いてるブログ。

・日々の雑感とともに、主にカトリック教会について書いてるブログ。
・キリシタンの時代から現代までの「カトリックの日本人」や「伝統的典礼」「教会建築」「教会音楽」 「宗教美術」など興味関心はいろいろ。
・現在の日本のカトリック教会は「伝統の断絶」「偏った政治指向」があると感じています。
・特別形式ミサ(伝統様式のラテン語ミサ/トリエント・ミサ)の実施に参加しており、不定期な開催の場合は、その告知を行います。

2045年問題、あるいはシンギュラリティという言葉が話題になっている。
人工知能(AI)が人間の知能を超えるというのが2045年らしい。
確かに、チェスや将棋の勝負では、名人でもコンピュータに負け始めているというニュースを耳にしたような気がするし、自動車の自動運転技術についての話題も増えた。

自動運転については、今年の秋にも高速道路でトラックによる社会実験があるらしい。
宅急便のヤマト運輸がAmazonの配送量の増加で業務オーバーになっているという直近の問題をふまえれば、自動化に適する高速道路での長距離輸送は自動運転に任せて、宅配の方に人員をシフトしていくというような事は思っている以上に早く進むような気もする。

医療の世界も劇的に変わると言われている。
外科手術のような職人的な技が活きる部分はともかくとして、診察などではビッグデータにつながることで大幅に診療の精度が高まることが期待されている。

AIに判断してもらった方が正確で正しい、あるいは効率も良く生産性も高いとなれば、いままで人間が担ってきた多くの仕事がAIへ移行していくことは避けることはできないような気もして、社会が根底から変わる予感がする。

裁判官のような法曹関係の仕事も、判例がビッグデータ化されることで、AI化が可能という説もある。

いくらビッグデータ化されても、それは無理だろうと思ったら、IBMのワトソンというAIは、ディープラーニングという手法で、インプットされた情報を自ら解析して判断を下すということを繰り返しながら、その経験の蓄積によって「学ぶ」らしい。

AIが、自ら学んで人間の知能を超えたとされたとき、はたしてAIのワトソンは、意思を持っているのか?意識があるのか?愛がわかるのか?心を持つのか?というところは気になるところだ。

「愛とはなんですか?あなたは愛を持ってますか?」とワトソンに問いかけたとき、なんと答えるのだろう。

やはり「わかりません。私にはありません」と答えるのか。

それとも、予想もしない答えをするのか?


スピルバーグの「A.I」という映画や「アンドリューndr114」「アイ,ロボット」といった、
心を持つ
AI(人型ロボット)を描いたSF映画は既にある。
どれも面白そうな映画だが、人間自身が「心はどこにあるのか?」という心脳問題に決着がつけられない(おそらく永遠に決着しない)なかで、先走って「AIも心を持つ」と結論づけているような気もする。

神の被造物である人間ですら 「塵にすぎないお前は塵に返る(創世記3章)という儚い存在であって、 その人間が創ったAIなのだから、いくら桁違いの知能を持つ存在となっても、やっぱり「心」は持てないじゃないかと、私はなんとなく思ってしまうが、果たしてAIのワトソン君はなんと答えるのだろうか?


先般、特別形式ミサがあったカトリック赤羽教会で、四旬節にあたり、3月の毎週金曜日の夕方にオープンチャーチというイベントが行なわれる。

以下 案内引用
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オープンチャーチのご案内
どなたでも自由に教会が見学できます。どうぞ聖堂にお入りください。 
◾️開催日
3月3日(金)
3月10日(金)
3月17日(金)
3月24日
(金)
3月31日
(金)
◾️オープン時間
16:00〜20:00まで

四旬節にあたり18時から十字架の道行きの祈りがあります。
主イエスの受難を黙想し感謝の祈りを捧げます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オープンキャンパスという言葉はよく聞くが、オープンチャーチという言葉はあまり聞かない。

本来、教会というところはどんな人にでも開かれたところだけれども、入っていいのかよくないのかが意外に判断がつきにくいという印象があるらしい。 
復活祭を前に、イベントとして告知して、一般の人にも教会に入るきっかけとしてもらうということなのだと思う。

赤羽教会は、都内では伝統様式の聖堂として突出した佇まいなので「中に入ってみたい」という素朴な好奇心を持つ人も少なくないだろう。
祈りの空間としての佇まいに、何かが印象に残り、心の片隅に記憶が残るようなことがあるかもしれない。
そういう想いを尊重し、あえてオープンチャーチと銘打って、入ってもらい易くするのは良いことだと思う。

成人洗礼の人の場合でも、最初に教会を訪ねる時は、何か敷居が高い印象があるそうだから、日本のカトリック信者数の少なさを思えば、敷居の高さ、気軽な接点が少なさということは課題だろう。

意を決して来ても、やはり入るのを諦めてしまうようではいけない。
「遠慮なくお入り下さい」というメッセージが背中を押す動機となる事があるような気がする。 



以下は、さしでがましいのだけれども、カトリック教会に一度も入った事が無い人むけに聖堂内のマナーについて少しふれたい。

気持ちの持ち方としては、やはり神社やお寺を参拝するときと同じく神聖な場所として意識して欲しいと思う。
建築鑑賞、美術鑑賞のような意識にはなると思うが、信者にとっては神聖な神の家で、ポイントを知って貰える事で意識の持ち方が変わることを期待したいからだ。

入り口に水が入った器があるがこれは聖水で、信者の場合は指先を清めて十字を切ってから聖堂に入る習慣がある。
神社を参拝する際に手水舎で、手と口をすすぎ清める作法にも似ているかもしれない。
長崎などの観光地の教会では、灰皿と勘違いしてタバコを消すために入れる人がいるらしい。
昨今ではくわえ煙草で歩く人も見かけなくなったが、神社の手水舎と同じようなものと思ってもらえたらいい。

祭壇周りは内陣と言って一段高くなっていて、そこは立ち入り禁止。
赤羽教会の場合は真正面の祭壇中央に聖櫃があり、その近傍の赤いランプが灯っていたら、その聖櫃内に「御聖体」(超一般的な日本語の言い方をするならば「御神体」?)があり、教会内で一番神聖な場所だ。

飲食は禁止。
内部の撮影も、直近のネットでの長崎での観光案内のマナーでは、禁止となっている。


好奇心でいいので入って欲しいと冒頭で書いておきながら、マナーの事にふれると、あれに気をつけろ、これは禁止だ、等々、うるさい事を書いてしまった(笑)ので、「そんなにややこしいのならもう行かない」「もうめんどくさい」と思わせてしまったとしたら申し訳ありませんというしかない。
m(_ _)m

ただ人間を超えた特別な存在を意識する特別な場所なので、逆にそういう場所だからこそ入ってみたいと思ってもらえたらありがたい。

いったい私は何を(誰を)探しているのか?
いったい私は何処に行こうとしているのか?

そんなことを、漠然と考える場所として、最適な場所ではある。








列福式も終わり、2週連続の特別形式ミサも終わって、大きな行事の後の寂しさもあって、昨年末の待降節の黙想会で関心を持った「十字架の聖ヨハネ」について買っていた本を読み始めた。

しかしどうも黙想会の時の話と内容が一致しない。

何かおかしい。変だ変だと思っていたら、なんと私が買った本は「十字架の聖パウロ」についての本で、別の聖人と間違えて買っていた。

とはいえ、こうした買い間違いも不思議な出会いで、十字架の聖パウロが御受難修道会の創立者であることを知った。

「主イエス・キリストの御受難(を想うこと)は、霊的完徳に達する最短の道」
「十字架に釘付けられたイエスの足跡をたどるべきことをしっかりと肝に銘じておきなさい」

という感じの、どちらかというと厳しい話が続く。

十字架の聖パウロは、幼い頃に十字架につけられたイエスの絵の意味について母親に尋ねたとき「神様があなたをとても愛していらっしゃるから、私たちのために苦しみを受け死んでくださった。」という答えを受けた。
その答えによって「神のものに全くなりきってしまいたいという強い願望を生じさせ、自分はいつでもこのこと記憶していた」と語っている。

十字架の聖パウロは「わたしの望みはイエスと共に十字架に釘付けられること」という言葉をしるし、御受難とは現実の全てを見る光として近づく。

「十字架の聖パウロ」は、18世紀の聖人であって教会の歴史のうえではそれほど昔の人ではない。

十字架の聖パウロを魅了した「磔刑のキリストの御絵」だが、最近の新しい教会(聖堂)では、「磔刑のキリスト像」が少しづつ消えていて「復活のキリスト像」になってきている。

このことについて、仲間と話題になったとき、「磔刑のキリスト像の酷たらしい姿を見るだけで拒絶してしまう人がいるかららしい」という話を聞いた。

そういう変化は、教会のながい歴史の中でも近年というか現在になってからの変化で、かつその変化の大きさというのは、とても大きな変化であるということを感じた。
「磔刑のキリスト像」を「復活のキリスト像」に変えていくというのもアジョルナメント(現代化)の一つなのだろうか?


ところで、少しここで話が逸れてしまうが、「十字架の聖パウロ」で、ネット検索を続けていたら「聖パウロ」繋がり検索結果で、予期せぬホームページに出会えた。

教会関係ではちょっと珍しい(?)おしゃれで美しい魅力的なホームページで、話題にイマドキ感があって見て読んで楽しくおもしろい。

管理人の聖パウロ修道院の修道士TomaPさんの素直でやさしい人柄も伝わってくる。
http://www.tomap.info/

良いホームページだと思った。

上記の「磔刑のキリスト像」のような話や、典礼についてのことでは疑問に思うアジョルナメントも、TomaPさんのイマドキのおしゃれなHPを見て、宣教においては重要で必要なことのようにも思う。

アジョルナメントが必要なところが、現在の日本の教会は少しズレているのかもしれない。

↑このページのトップヘ