カトリの日記

・日々の雑感とともに、主にカトリック教会について書いているブログ。

・日々の雑感とともに、主にカトリック教会について書いているブログです。
・キリシタンの時代から現代までの「カトリックの日本人」や「伝統的典礼」「教会建築」「教会音楽」 「宗教美術」など興味関心はいろいろ。
・現在の日本のカトリック教会は「伝統の断絶」や「偏った政治指向」が一部にあると感じています。
・特別形式ミサ(伝統様式のラテン語ミサ/トリエント・ミサ)の実施に参加しており、不定期な開催の場合は、その告知を行います。

荘厳司教ミサがあり、特別形式ミサもあり、教皇様来日もあった密度の濃い11月が過ぎて、ようやくいつもの日常に戻った感じがする。

教皇様のミサには、結局行けなかったけれども、東京ドームのほうは多言語の祈りが混じり合うミサだったようだ。

日本のカトリック教会は、高齢者と定住する外国人の増加が進んで、近未来の日本の一般社会を垣間見るような集まりになっている。

直近の東京教区時報で菊池大司教のお話(カテキスタ養成講座の講話)が載っていたのを読んだのだけれども、少子高齢化だけでなく大都市への人口流入の影響も大きく、もともと分母がそれほど大きくないのが日本の教会だから、地方では、これからは存続させることが困難になる小教区が続出する見通しらしい。

増加する外国籍信徒に対し、日本の教会に集う仲間として親しみを持つだけでなく、教会のもとでの一致により、日本の教会の支え手となって欲しいという想いも感じた。

教会での聖職者の叙階までの仕組みについてはよくわからないが、もしかしたら定住外国籍信徒からの聖職者の召命を期待しているのかもしれない。

ただし私は、そこでどうしても疑問点が膨らんでしまう。
課題認識も想いも理解するけれど、典礼の視点でも課題解決をして欲しいと思うからだ。

東京ドームの教皇ミサのような多国籍言語のちゃんぽんミサでは、お互いに苦労を伴う。
教会の共通の言語であり、共通の信仰の遺産である、グレゴリオ聖歌のミサにすれば良いだけの話だ。

日本の教会の抱える課題解決のためにも、司教様がたには、ここで決断をして欲しいと願う。


話がちょっと変わるけれど、11月にあった特別形式ミサは、外国から訪日してくださった神父様の司式だったのだが、ミサ後の懇談で、特別形式ミサについての海外事情について興味深い話を聞いた。

パリなどの教会では、特別形式ミサも日常化していて、通常形式ミサと特別形式ミサが同じ教会で時間をずらして行われているらしい。
そういう教会がところどころにある。

一瞬、日本の教会の外国人のための英語ミサのような位置づけかなと思ったが、多国籍化であってもパリに住むアフリカ諸国の人はフランス語を話す人が多いだろうから、それはちょっと違う感じがする。

「特別形式を求める人が増えているのですか?」とたずねたらちょっと予想外の答えだった。

「(特別形式の宣教会の)召命が多いから」らしい。

「需要」もさることながら「供給」が多いということだった。

ちょっと目からウロコだった。

しばらくブログを休んでいましたが、その間、いろいろとコメントをありがとうございました。
私の方から返信ができず、申しわけありませんでした。
タイムリーな更新が、なかなかできないかもしれませんが、少しずつ記事アップしていきたいと思います。

11月2日の、今年の荘厳司教ミサのミサレットの表紙ができました。
今年からミサレットがA4サイズに大きくなります。

荘厳ミサ_表周り

↑このページのトップヘ