カトリの日記

・日々の雑感とともに、主にカトリック教会について書いているブログ。

・日々の雑感とともに、主にカトリック教会について書いているブログです。
・キリシタンの時代から現代までの「カトリックの日本人」や「伝統的典礼」「教会建築」「教会音楽」 「宗教美術」など興味関心はいろいろ。
・現在の日本のカトリック教会は「伝統の断絶」「偏った政治指向」があると感じています。
・特別形式ミサ(伝統様式のラテン語ミサ/トリエント・ミサ)の実施に参加しており、不定期な開催の場合は、その告知を行います。

先般の西日本の豪雨災害では、想像以上の被害がでている。
亡くなられた方々が神様の御元での安らぎが得られますよう、ご冥福をお祈りしたいと思います。

また、家屋を失われた方々、この酷暑の中でインフラの停止で苦しまれている方々への癒しと慰めが得られますよう、
救援活動、復旧活動に汗を流されている方々への励ましが得られますよう、
そのそれぞれにお祈りしたいと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いま京都では祇園祭が始まっていて、17日に山鉾巡行のピークを迎えようとしている。

私は関西に住んでいながら「祇園祭は大変な人混みで過酷な暑さ」という話をずっと聞かされてきたため、どうしても行く気にならず、とうとういままでに一回も行かなかったのだけれども、今年はご縁があってお誘いを受けたということもあって、宵山(正確には宵々々山)の14日に意を決して行ってみることにした。

山鉾巡行のピークを迎える3日前ということもあって、人混みは覚悟していたが「お祭りならばこのくらいは」というぐらいだろうか?
ただ暑さの方は、盆地の京都の暑さはやはりキツい・・・

しかしそれでも行って良かったと思えたのは、想像をはるかに超えたスケールの大きさだったからだろう。
スクリーンショット 2018-07-15 18.54.43


















(この画像は「船鉾」。 少し本文の内容と合ってませんが雰囲気ということで・・)


山鉾巡行で曳かれる「鉾」や「曳山」は、巡行前の宵山の時は、各町内(路上)で鎮座している。

路幅の広い四条通りは4車線なので車線規制で済むけれども、南北の細い路は、「鉾」「曳山」があるところは、路の真ん中にあるため全て通行止め。

宵山では、その町内各所にある、「鉾」「曳山」を見て回る。

「鉾」は3階ぐらいまではありそうな大きさだが、屋根上に細長い柱?が立つから名前も「鉾」なのか?

この柱が長い。

鉾頭があるてっぺんの高さは、近隣のビルの高さで見比べれば8階か9階まではありそうな感じがする。

この「鉾」「曳山」は思っていたよりも数が多い。前祭だけで23台ある。

山車としては、サイズでも数でも、明らかにボリュームがあり、このスケールの大きさが祇園祭の迫力なのだろう。

そして「鉾」「曳山」の前と横、後ろを飾る懸装品が絢爛豪華でスゴい。

驚いたことには、こ懸装品のなかに、16世紀ごろに織られたベルギー製のタペストリーがあるということだ。

それも一台ではない。
鶏鉾、鯉山、霰天神山、白楽天山、函谷鉾などがこの洋物(ヨウモノ)の飾りをつける。

この懸装品は、ホメロスの叙事詩「イーリアス」が題材になっていて、5枚の連作らしく「トロイアのプリアモス王と王妃ヘカベーの祈り」の場面や「トロイア王子ヘクトールと妻子の別れ」の場面があり、寸断されているらしい。

「鶏鉾」「鯉山」の懸装品「見送り」「前掛」は、重要文化財になっている。

キリシタン禁制下で、洋物の飾りをつける山鉾が存在していることに驚くが、キリスト教とは関係のない題材のため見逃されていることを思うと、キリスト教についての幕府の判別水準が、ある一定以上のレベルにあるという感じがする。

ただし、絵柄はキリスト教と関係がない題材であっても、贈り主はローマ教皇という説がある。
遣欧使節の支倉常長が5枚のベルギー製の織物を頂いており、その織物という話だ。

「トロイア王子ヘクトールと妻子の別れ」の場面というのは、ヘクトルがギリシアの勇者アキレスとの1対1の対決を行う前の場面だろうか?

妻子と別れた後、ヘクトルはアキレスに討たれて亡骸を馬に引き摺られてなぶりものにされる。
そして妃は戦利品とされ子供も殺される。
このうえない悲しい展開になる話だが、この場面の織物をローマ教皇が支倉常長に持たせたという話が本当ならば、帰国後の常長の置かれる状況を不安に思っていたようで複雑な気持ちになる。

常長がローマに到着した時は、徳川幕府のこの上ないキリシタン弾圧について、ローマにもその話が届いていたとされるからだ。

http://www.kyotodeasobo.com/gion/yamaboko/
(この公式URLの鶏鉾の画像に、上記のヘクトルの懸装品が写っています)

もっともこの「洋物の懸装品」は、「イーリアス」を題材にしたものだけではない。

実は、旧約聖書創世記24章の「イサクの嫁選び」の物語が描かれているものもある。
https://www.christiantoday.co.jp/articles/16514/20150713/gion-bible-issac-marriage.htm

アブラハムの老いた僕(しもべ)が、イサクの嫁選びに派遣された場面だ。
「『どうか水瓶を傾けて飲ませてください』と頼んだ時に、飲ませてくれる娘を嫁にもらう」という探し方をしてその通りになった場面だが、この織物については、支倉常長ルートではなくオランダ商館長の家光への献上品だったものらしい。

旧約聖書の方は、新約聖書に比べ、キリスト教の題材であることが、わかりにくかったのか?

わからないままに、何百年も祇園祭の鉾を飾った。

「マリア十五玄義図」の発見によって、近畿にも潜伏キリシタンがいたことがわかっているが、祇園祭で「イサクの嫁選び」の懸装品やローマ教皇から頂いた懸装品を見ていたとしたら・・・
というようなことを想像してしまう。

長い間休んでしまっていたが、日記なので書いておきたいと思うことがやはり起きる。

たまたま偶然に観たNHKスペシャルの「人類誕生」というドキュメンタリー番組がとても印象に残ったためだ。

3回シリーズで、第1回と第2回は既に放映済み。

まだ第3回が残っているが、人類の起源に迫った第1回のインパクトが凄かった。
猿ではない二足歩行の猿人の姿が、精緻な3DCGによって、もう実写と区別がつかないレベルで再現されたので、コレがヒトの原形だったのか!という驚きがあった。

観てみたいと思う方は、YouTubeで「人類誕生 NHK」で検索すると、該当する動画が見当たると思う。

この3DCGで再現された人類の祖先になる猿人は、450万年前〜430万年前に生息したアルディピテクス・ラミダスという猿人で、身長は120cmぐらいで容姿や顔は人間よりも猿に近い。
ただし腰が曲がってなくて人間の様にまっすぐ立っている。
食料が豊富な森林に住んでいたらしい。

私の理解では、いままで漠然とアウストラロピテクスという猿人を人類の祖先として認識していたような気がしたが、研究が進んで、今ではこのアルディピテクス・ラミダスに変わってきているようだ。

もっともアルディピテクス・ラミダスは「ヒト属(ホモ属)」ではないから、「原人」ではなくあくまでも「猿人」みたいだが、ラミダスには猿とは違うハッキリした特徴がある。

その一つは骨盤の形で、猿とは違って人間に近い。
その骨盤形状から、二本足で立って歩いていたことがわかり、前足の2本は、主に食べ物を運ぶための手になっていたようだ。

もう一つの特徴は、一夫一妻制だったこと。
つがいになることでメスを奪うために群の中でオスどうしが争うことを避け、その余ったエネルギーをメスに食料を運ぶ為に使った。

3DCGの映像では、オスが腕の中いっぱいの果物を、赤ん坊を抱くメスのところに運ぶシーンがあって、これがなんともこころが温まるような不思議な情景だった。

この番組では「ラミダスは『家族』を持つヒトになった」と表現していた。

二足歩行の猿人は。体格が向上してアウストラロピクテス・アファレンシスとなる。
気候変動で、森林が徐々に草原化したため食べ物も変化し、屍肉を食べるようになった。
外敵から狙われやすくなったため群を形成し、食べ物を運ぶ為だった手にも石が握られるようになる。

その次のホモ属のホモ・エレクトスになった段階では、猿のような体毛は無く、我々に近い。
集団で狩りをするようになり、狩りの為の道具(棒)を手に持ち石器も使う。
体毛が消えたのは、長距離を走った際の体温上昇を防ぐ為らしい。
獲物が疲れるのを待つ尾行の狩りだったようだ。

ホモ・エレクトスの骨には、歯を失った老人の骨もあるという。
歯が無くなって老いても生息していたということは、仲間からの助けを受けていた可能性があり、番組はホモ・エレクトスのことを「『心』を持つヒトになった」と表現していた。

ホモ・エレクトスを経由し、この生物は、いよいよホモ・サピエンス(種としてのヒト種)になる。


少し驚いたのは、このホモ・サピエンスに至る進化のプロセスの中で、20種ほどの亜種があったと番組では説明していた。
ヒト種になりきれない状態で絶滅した猿人や原人の種がそこそこあったということらしい。

激しい生存競争に勝ち 「ヒト属(ホモ属)」のなかで生き残ったのは、ヒト種であるホモ・サピエンスだけだ。
どちらかというと、ヒト種ホモ・サピエンスも含めその系譜となる種は、他の亜種より体躯では華奢な方だったようだが、生命維持の為の食料が少なくて済んだり環境変化に対する適応度に優っていたようだ。
手に棒を持つというような、ちょっとした知恵が、私達のご先祖様を生かしてきたということなのだろう。


このラミダスからエレクトスまでの、人類の進化の仮説に対し、ブログのテーマ性にそって旧約聖書創世記を重ね合わせ、アダムとイブはどの辺りで存在したのかを想ってみる。

「食料豊富な森林に住み、立ち上がって食べ物を手に持ち、その果物を相手に与えていた。一夫一妻であった。」という猿人ラミダスについての分析は、アダムとイブの姿を投影したくなるような、なにか神様の御業、御心を感じるようなところがあるようにも思った。

このNHKスペシャル「人類誕生」の第3回は、7月8日(日)午後9:00〜9:49 にある。

2月18日に予定の関西での特別形式歌ミサ(トリエント・ミサ)の会場が決まりましたのでお知らせします。

「ローマ典礼 ラテン語 特別形式歌ミサ」

【日時】2月18日(日) 14:40〜聖母の連祷(ラテン語)
           
15:00頃〜特別形式の香付き歌ミサ 四旬節第一主日、一級、紫
           (ラテン語による伝統形式のミサ トリエント・ミサ)

場所 】カトリック北白川教会

司式canon Laurent Jantaud(至高なる大祭司であり王であるキリスト宣教会、フランス)
主催 UVJ(ウナ・ヴォーチェジャパン)
https://uvj.jp/mass/7635/
※主催はウナ・ヴォーチェジャパンになりますので、カトリック北白川教会へのお問い合わせは
 御遠慮いただきますようお願い致します。

↑このページのトップヘ