カトリの日記

・日々の雑感とともに、主にカトリック教会について書いているブログ。

・日々の雑感とともに、主にカトリック教会について書いているブログです。
・キリシタンの時代から現代までの「カトリックの日本人」や「伝統的典礼」「教会建築」「教会音楽」 「宗教美術」など興味関心はいろいろ。
・現在の日本のカトリック教会は「伝統の断絶」「偏った政治指向」があると感じています。
・特別形式ミサ(伝統様式のラテン語ミサ/トリエント・ミサ)の実施に参加しており、不定期な開催の場合は、その告知を行います。

来住神父の「目からウロコ」シリーズを気に入って読み続けている。
このシリーズが良いのは、どうしたら良いのかということが具体的に書かれているところで、信仰生活をおくるうえで実践的な内容になっているところがいい。

例えば「目からウロコ  聖書の読み方」という本は、「レクチオ・ディヴィナ入門」という副題がついていて、「レクチオ・ディヴィナという聖書の読み方」がひとつの手法として説明されている。

このレクチオ・ディヴィナという聖書の読み方は、ひとつひとつの単語を「触る」ようにゆっくりと反芻するように読むらしい。

例えば

「打ち砕かれた心をつつみ、とらわれ人に自由を、つながれている人には解放を告知させるために」

という聖書の箇所を

「打ち砕かれた」「心」「つつみ」「とらわれ人」「自由を」「つながれている人」「解放」「告知させるために」

というように区切りながら、単語の持つ意味のイメージを膨らませるようにして読む。

区切らずにさらっと読めば、特に腹に落ちるほどのこともなく、「ああ、この内容はおそらくバビロン捕囚のことなんだろう」という具合に、独り合点しながら軽い受け止め方をしてしまうが、ひとつひとつの単語にこだわって読むと「とらわれる」とか 「つながれる」という意味についてイメージがグッと膨らむ感じになる。

つまり「とらわれていて、つながれているのは、世俗的な価値や欲望に縛られる私自身ではないか?」というように、自分のこととして、この言葉を当て始めたりするのである。

カトリック的には、聖書の読み方は、教会の教えに沿って読むべきだし、聖職者との対話で独りよがりな解釈にならないような補整は必要と思うが、ある意味、聖書の言葉を「腹落ちさせる」ために、こういう冒険的な手法があるという事がとても新鮮だった。

レクチオ・ディヴィナもカトリックの歴史の中での伝統的な財産の一つで、知らない財産がまだまだ多いということをあらためて知った。 


御降誕祭も終わり今年もそろそろ暮れようとしている。

一年間、駄文をお読みいただきお付き合いいただきました方々に御礼申し上げるとともに、今年の最後の更新になることをお知らせして今年のブログを終えたいと思う。

お読みいただいている皆様方。
どうぞ良いお正月をお迎えください。

カトリック藤井寺教会では、12月24日クリスマスイブの夜半ミサは天使ミサ(通常文ラテン語 カトリック聖歌503番)になるらしい。

カトリック藤井寺教会
〒583-0021
大阪府藤井寺市御舟町11−3

日時12月24日 20:00〜

来住神父と曹洞宗僧侶の南直哉さんとの対談本で「禅と福音」といういう本を読んだ。 

宗教間対話なので、 神学的哲学的な内容になるため、さらっとは読めない。
内容には引き込まれるが、自分が話の内容についていけてるのか確認するために何回も読み返すので、この読後感想にも時間がかかった。

前半は、お互いの信仰に踏み込んでいくスリリングな神学的対話で、それぞれの立場から質問し合うのだが、宗論を闘わすというわけではなく、好奇心のままに探求し合う感じで、私の場合は、来住神父の答えを読んでいくことで、あらためて要理を学び直しているようにも思ったし、また逆に仏教に対しては、日本人の視点からその深遠さを覗かせてもらったような感じもあった。

ただこの対談は、そういう教理的な神学対話だけではなく、現実世界の善悪の判断が必要になる問題に対し、宗教者としてどう向き合うかというところに、話が発展している。 

そういう問題に倫理的に答えを出していくところにこそ、宗教者の出番があり、その覚悟が問われていると僧侶の南さんは語る。 

例えば、今年の座間の事件のように、現代でも直視することが辛い残虐、凶悪で異常な犯罪が時に発生する。
一方で、死刑という制度をどうするかということに対しては、その刑罰の存在が問われている。

死刑制度の問題に対し、社会秩序の維持という「道徳」の視点や、過去からの「掟」ではなく「倫理」的な視点から、善悪の根拠を示すというのは仏教的には難しいらしい。
しかし南さんは「善の根拠」という本を書かれたこともあって「人が実存する以上、善悪なしにはすまない」とこだわる。

この死刑制度の是非に対しては、日本の司教団や教皇フランシスコは、はっきりと死刑反対のメッセージを出しているが、来住神父は、次のような見解を述べている。
本人も言われているが、カトリック教会内ではかなり少数意見だと思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私が言うことは、超少数派の意見として聞いてください。
死刑への賛成・反対は、非常に重要な二つの観点の相克であって、意見が二分するのは当然だと思います。カトリックなら当然に死刑廃止論であるべきだ、ということにはならない。

私自身は原理的には死刑制度存置論者です。正義の観点からして、この人は死刑にすべきだというケースはありえます。その余地は残しておくべきです。

そういうと、「目には目を」という考えはいけないと言われるのですが、別に殺人を犯した人みんなを死刑にしろと言いたいわけではない。一方で加害者の命、これから実りあるものになるかもしれない人生がある。その価値は私も認めています。

しかし一方で、ここに理不尽に奪われた人間の命がある。
加害者の命が神の前に尊いのであれば、失われた被害者の命も尊い。
地上から失われてしまった命は「もう仕方がない」それを奪った命が大事だとは、キリスト教の立場からも言えないはずです。
創世記には「お前の弟の血が土の中からわたしに向かって叫んでいる」(4・10)
という言葉があります。

まずそのふたつの価値を認めた上で、動機や殺害の具体的な仕方を考える。
加害者がのうのうと生きていて、被害者の家族が悲嘆の底に沈んだままというのは、どうしても看過できないといった特別なケースにおいては死刑もありうるということです。ギリシャ哲学における正義は「つりあい」の感覚ですから。

とはいえ誤審の可能性は無視できないほど大きいので、現実的な選択肢としては「終身刑ありの死刑廃止論」を支持するでしょう。誤審は本当に多い。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

社会においては、悪魔的とも言える残虐な事件が、現実にあるのであって、「加害者がのうのうと生きていて、被害者の家族が悲嘆の底に沈んだままというのは、どうしても看過できない」という見方は、私にもある。

実際には、有期刑の最長が30年になったため、無期懲役の判決は最低でも30年間は仮釈放は無いということになったらしい。
無期懲役が事実上の終身刑になっていくのであれば、死刑が(誤審リスクや刑務官の負担の問題を思えば)廃止できればそれにこしたことはない。

ただし「『文明国ならば死刑廃止は当然』というような、上から目線の涼しげな意見に対し違和感がある。」という感覚には共感するし、「応報の正義を無視した社会は寛大なように見えて堕落する。」という意見は偽りのない正論だと思う。


また来住神父は次のような発言もされている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「戦争の問題は、カトリック内でもデリケートな話題ですが、実をいうと、私は旧社会党が主張していた「非武装中立論」には我慢できない。無責任な議論だと思っています。(中略)
それなら戦争がおころうとしたときにどうするのかと問われざるをえない」

「キリスト者は『神と対話できる自分』を普段から養う努力をして、何か起こったときには、神と対話しつつ、自分の責任で行動を決めるしかない。」

「『私はキリスト者だから、こう主張する』とは言えても、『キリスト者なら、こう主張するはずだ」とは言えないのです。日本のキリスト教の内部ではこれがはっきりしていない気がします。ここを誤ると、自分と見解を同じくしないキリスト者を『それではキリスト者とは言えない』という非難を投げつけることになります。」

「『自分の主張を国は採用しないだろう』という前提で戦争に反対するのだとしたら、それは現実に責任を持つ人の態度ではないと思えてならないのです。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ーーーーーーー
来住神父は「カトリック内(特に聖職者)ではマージナルな存在」と書かれているが、現実に向き合う姿勢が、非常に素直な感じがした。

私が共感した箇所は、上記以外にも多くあって書ききれない。

マージナルな存在」である来住神父に共感する私もまた、 きっと「マージナルな存在」なのだろう。

↑このページのトップヘ